コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミネアポリス ミネアポリス Minneapolis

翻訳|Minneapolis

6件 の用語解説(ミネアポリスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミネアポリス
ミネアポリス
Minneapolis

アメリカ合衆国,ミネソタ州最大の都市。ミシシッピ川の遡航終点にあたる。南部と東部がセントポール市に接し,双子都市を形成。氷食を受けたゆるやかに起伏する平原上にあり,ミネトンカ湖などの湖沼や滝が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ミネアポリス(Minneapolis)

米国ミネソタ州南東部の商工業都市。ミシシッピ川を隔ててセントポールと隣接し、双子都市を形成する。古くから製粉業が発達。人口、行政区38万(2008)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミネアポリス

米国,ミネソタ州南東部の都市。ミシシッピ川に臨み,対岸のセント・ポールとともに双子都市を形成。水陸交通の要地で空港がある。農畜産物取引が盛ん。かつての製材業に代わり製粉工業が発展し世界最大の規模をもつ。
→関連項目ミネソタ[州]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ミネアポリス【Minneapolis】

アメリカ合衆国ミネソタ州南東部にある同州最大の都市。人口35万5000(1994)。ミシシッピ川西岸に位置する水陸交通の要地で,対岸の州都セント・ポールと双子都市をなす。大都市域人口262万(1992)。セント・アンソニー滝の水力利用が同市の発展の基盤となった。まず製材業が発達し,その後小麦地帯の形成に伴い小麦取引・製粉業が成長し,1880年代までには〈世界の製粉都市〉として知られるようになった。農産加工農業機械精密機械,印刷など工業都市であるほか,1851年創設のミネソタ大学などの高等教育機関やミネアポリス交響楽団(1903創立)を有する,ミネソタ州の文化の中心地である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ミネアポリス【Minneapolis】

アメリカ合衆国、ミネソタ州のミシシッピ川西岸に臨む都市。製粉業が発達。水陸交通の要地で、対岸のセントポールと双子都市を形成。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミネアポリス
みねあぽりす
Minneapolis

アメリカ合衆国、ミネソタ州中東部、ミシシッピ川に臨む同州最大の都市。人口38万2618(2000)。市名は、先住民アメリカインディアン)のことばギリシア語の合成語で「水の都市」を意味する。双子都市を形成するセント・ポールとともに州の経済・商工業の中枢をなし、交通(とくに鉄道網)が発達する。かつては「製粉の町」として知られ、第一次世界大戦後にニューヨーク州バッファローにその中心が移ってからもなお製粉業は経済に重要な地位を占めており、世界最大の穀物取引所もある。食品加工電気機械、農業機械、製紙・印刷・出版業など従来からの工業に加えて、近年はコンピュータなど花形産業の進出が目覚ましく、20を超える工業団地も活気を呈している。最初の白人が1680年にミシシッピ川にかかるセント・アンソニー滝に到達し、1819年にはフォート・スネリングが開かれた。1847年にフォート・スネリングを合併してミネアポリスが開かれ、72年には東岸のセント・アンソニーを合併、セント・アンソニー滝の水力を利用した製材、のちに製粉の中心地として活躍した。また、同市は教育・文化の中心でもあり、ミネソタ大学(1851創設)はその要(かなめ)をなす。ミネソタ交響楽団の本拠地ノースロップ記念講堂やウォーカー・アート・センター、ガスリー劇場など文化施設も多い。森と水に囲まれた美しい市域には、ミネトンカ湖など湖が22もあり、150を超える美しい公園は市民の格好の憩いの場となっている。ダウンタウンの再開発も盛んで、ショッピング街のニコレット・モールはとくに有名である。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミネアポリスの関連キーワードアメリカン合衆国ネブラスカミネソタ亜米利加ミネソタ管弦楽団ミネソタの娘ミネソタ[州]セント・ポールアメリカ合衆国最高裁判所

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミネアポリスの関連情報