ソグネフィヨルド(読み)そぐねふぃよるど(英語表記)Sognefjord

日本大百科全書(ニッポニカ)「ソグネフィヨルド」の解説

ソグネフィヨルド
そぐねふぃよるど
Sognefjord

ノルウェーの西海岸、同国第二の都市ベルゲンの北約80キロメートルにあるフィヨルド。延長204キロメートル。氷河によって深く侵食されたフィヨルドの水深は、湾口付近で150メートル、内陸に入るにしたがって水深を増し、1200メートルに達する所もある。多くの支湾が樹枝状に発達し、湾奥の沖積地や段丘には小さな集落が点在する。わずかの耕地では、エンバク、大麦、オウトウ、リンゴなどが栽培され、山地では移牧を伴う牧畜が行われる。湾奥のオルダールÅrdalには水力発電所と大きなアルミニウム精錬工場がある。また鏡のようなフィヨルドの水面を進む船からは、巨大な岩壁や峡湾に流れ落ちる滝が眺められ、その雄大な自然美が探勝に訪れる観光客を十分に満足させている。

[竹内清文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ソグネフィヨルド」の解説

ソグネフィヨルド
Sognefjorden

ノルウェー南西部にあるフィヨルド (峡湾) 。ソグンオフィヨーラネ県南部に位置する同国最長のフィヨルドで,全長 204km,最深部の水深は 1200mに達する。湾内は支湾に分れ,湾岸には万年雪をいただいた 1000~2000m級の山々が連なる。観光シーズンにはベルゲンから遊覧船がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「ソグネフィヨルド」の解説

ソグネフィヨルド(Sognefjord)

ノルウェー南西部の同国最大の峡湾。ベルゲンの北80キロにあり、延長は204キロ、多くの支湾が樹枝状に発達。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のソグネフィヨルドの言及

【スカンジナビア山地】より

…氷に刻まれた岩峰は急峻である。ソグネフィヨルドSognefjordは長さ200km,両岸の断崖は1000m以上,水深は1300mに達する。山地の最高部は中央ノルウェーのヨートゥンハイム山地(最高峰ガルヘピッゲン,2469m)で,この西には全長100kmにおよぶヨステダール氷河がある。…

【ヨートゥンハイム山地】より

…南ノルウェー中央高山帯で北緯61゜~62゜,東経7゜~9゜付近にあり,西からソグネフィヨルドSognefjorden,ノールフィヨルドNordfjordenの水系が深いU字谷を刻み,東にはグブランスダールの上流河川が延びる。ヨステダール氷河はこの山塊の西にある。…

※「ソグネフィヨルド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android