コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソッフィチ Soffici, Ardengo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソッフィチ
Soffici, Ardengo

[生]1879. バルダルノスペリオーレ,リニャーノ
[没]1964. カイアーノ,ポッジョ
イタリアの画家,小説家,詩人。パリで 20世紀前半の前衛運動に参加,印象派やキュビスムをイタリアに紹介。みずからは未来主義を主張した。詩集『BIF§Zf+18』 (1915) ,小説『レモニオ・ボレオ』 Lemmonio Boreo (12) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ソッフィチ【Ardengo Soffici】

1879‐1964
イタリアの画家,小説家。第1次大戦を境に,前衛と伝統回帰との二つの生を生きた。ランボー,印象主義,フォービスム,キュビスムの紹介,そして未来主義運動の推進者としての功績は大きい。自伝的小説《レンモニオ・ボレオ》(1911)の激しいダイナミズムは《ラチェルバ》誌(1913‐15主宰)の政治性と呼応し,ファシズムの暗い力へと向かった。晩年は4巻から成る《自伝》(1955)の執筆に専念した。【望月 紀子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソッフィチ
そっふぃち
Ardengo Soffici
(1879―1964)

イタリアの批評家、画家。パリ滞在中にピカソ、アポリネールらと交友。帰国後、『ボーチェ』『ラチェルバ』の両誌に拠(よ)って、フランス前衛文学、絵画の紹介にあたる。この間、未来派と激しい論争を行うが、その後はしだいに同派に接近。第一次世界大戦後は一転して伝統の復権を唱え、ファシズムに傾斜した。作品は『アルデンゴ・ソッフィチ全集』全八巻(1959~68)に収められる。[川名公平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ソッフィチの関連キーワード4月7日未来派

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android