コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソバカズラ(蕎麦葛) ソバカズラPolygonum convolvulus; black bindweed

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソバカズラ(蕎麦葛)
ソバカズラ
Polygonum convolvulus; black bindweed

タデ科の一年草で,原野に生える。ヨーロッパ原産であるが,現在では北半球温帯に広く帰化している。茎は細いつる状で,他物にからみついて伸び,長さ 1mぐらいになる。葉は心臓形で質は薄く,長い葉柄がある。5~10月,葉腋小枝に緑白色の小花をまばらな穂状につける。花弁はなく,は5深裂して,花後大きくなり果実を包む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ソバカズラ(蕎麦葛)の関連キーワードタデ科

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android