コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソホーズ sovkhoz

翻訳|sovkhoz

百科事典マイペディアの解説

ソホーズ

ソフホーズとも読む。旧ソ連の大規模な国営農場sovetskoe khozyaistvo(ソビエト経営)の省略形。土地その他の生産手段と生産物は国有で,労働者は国家から賃金の支払いを受けた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ソホーズ【sovkhoz】

ソ連邦の国営農場。sovetskoe khozyaistvo(ソビエト経営)の省略形で,ソフホーズとも読む。コルホーズ(集団農場)とともにソ連の社会主義農業の2形態を形成した。コルホーズの場合と異なって,ソホーズに働くのは,賃金の支払いをうける労働者であった。ロシア革命直後にも,また農業集団化期にも,コルホーズとソホーズのいずれが社会主義農業であるかという論争があったが,ソ連では一貫して両方の形態が並存してきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソホーズ
そほーず

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ソホーズの関連キーワードポロナイスクsovhoz十月革命

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android