コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集団農場 シュウダンノウジョウ

デジタル大辞泉の解説

しゅうだん‐のうじょう〔シフダンノウヂヤウ〕【集団農場】

多人数が土地を協同で管理・経営し、集団的に農業生産を行う農場。ソ連のコルホーズなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

集団農場【しゅうだんのうじょう】

土地の共同所有化により農業を共同経営とする農場。社会主義国の農業ではこれが原則であり,1929年から1932年にかけて農業集団化が進められた旧ソ連のコルホーズは典型。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうだんのうじょう【集団農場】

土地および生産具を共有し、共同して生産にあたる農場。旧ソ連のコルホーズがその典型。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集団農場
しゅうだんのうじょう

コルホーズ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

集団農場
しゅうだんのうじょう

近代以降の家族労働を主とした小農経営を基礎としつつ、それが複数で農業の生産過程の一部または全部を共同で営む場合をいう。日本でも稲作を含む集団栽培組織をはじめ種々の集団農場があるといえる。イスラエルのキブツのように消費生活面も共同にしたものもある。
 しかし多くの場合、現代社会主義諸国のそれをさす。土地、機械、畜舎などはすべて社会化し、賃金は労働に応じて支払う。ソ連のコルホーズ(協同組合農場)、ソフホーズ(国営農場)、中国の人民公社などであり、旧ユーゴスラビアとポーランドを除くソ連崩壊以前の社会主義諸国の農業の公的な担い手であった。理論的には、フーリエなどの影響のもとに、マルクスらが大規模、機械化、集団作業をもって資本主義以降の農業を特徴づけたことによるが、おそらく提唱者の意には反して、集団農場の創出は行政的強制、急激で一挙的テンポという特徴を伴い、成功しなかった。[中山弘正]
『中山弘正・上垣彰・栖原学・辻義昌著『現代ロシア経済論』(2001・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の集団農場の言及

【コルホーズ】より

…ソ連邦の集団農場。勤労農民が自発的に連合して共同経営を行う団体と定義される。…

※「集団農場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

集団農場の関連キーワード機械・トラクター・ステーションエゴール ストロエフエチオピア(国)ネドン(乃東)県エフード バラクパル ロションチカルパート山脈ソビエト共産党原語別外来語集開かれた処女地ババエフスキーモジャーエフミチジャ平野個人副業経営アルバニアタンザニアヤマギシ会フェルメルロションチブルガリア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集団農場の関連情報