ソムリエ(読み)そむりえ(英語表記)sommelier

翻訳|sommelier

日本大百科全書(ニッポニカ)「ソムリエ」の解説

ソムリエ
そむりえ
sommelier

レストランなどで、客に食事を楽しんでもらうために、好みや料理に合わせたワインを中心とする飲み物を勧め、サービスする職種。フランス、ルイ王朝期に国王の旅行の際の飲み物の荷を「ソミエル」とよんでいたが、その後食料をつかさどる一種の毒味番である役職への呼称となり、それが「ソムリエ」へと変化したといわれている。フランス革命後、貴族のおかかえ調理人が市中に出店したのがレストランの始まりといわれるが、そのころあるレストランでワインについての質問に窮したとき、助け船をだしたのが酒蔵の番人「ソムリエ」であり、しだいに客席に登場するようになった。専任のソムリエ、給仕長を兼ねるメートル・ドテル・ソムリエ、自らレストランを経営するレストラテール・ソムリエ、酒庫を担当するカビスト・ソムリエに大別される。業務は、仕入れ、保管熟成、ワインリストの作成からサービスまでと幅広く、専門知識、技術、利き酒能力、接客術が求められる。多くの場合、黒の短めのジャケットと黒ズボン、蝶ネクタイに黒の前掛けを着用し、襟にぶどうの房のバッジを付けている。わが国では社団法人日本ソムリエ協会が認定している。

 公的なソムリエ・コンクールとしては、1980年から行われている日本ソムリエ協会、フランス食品振興会共催の「フランスワイン・スピリッツ全国ソムリエ最高技術賞コンクール」と96年から開催されている日本ソムリエ協会主催の「全日本最優秀ソムリエコンクール」がある。ワインや醸造に関する知識およびサービスの仕方についての筆記試験、ワインを試飲してそのブドウの品種や生産地を推理するテイスティング試験、与えられた料理にふさわしいワインを薦める口頭試験、そしてもっとも重要なサービスの能力が試される実技試験などが課される。全国大会で上位に入賞することが実力の証(あかし)となる。95年に日本で開催された「第8回世界最優秀ソムリエコンクール」において、田崎真也が日本人として初めて優勝した。

[佐藤秀良]

『浅田勝美著『ソムリエハンドブック』(1993・飛鳥出版)』『菅間誠之助著『ワイン用語辞典』(1998・平凡社)』『ジャン=フランソワ・ゴーティエ著、八木尚子訳『ワインの文化史』(白水社・文庫クセジュ)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ソムリエ」の解説

ソムリエ

フランスの高級レストランのワイン係。料理の注文をきく給仕とは別に,ワインの注文を受ける。ワインの産地,年代,料理との相性などに精通していて,客の相談にのる。最近では日本のレストランでもソムリエを置くところが増えてきた。1995年世界ソムリエ・コンクールで,日本の田崎真也がヨーロッパ圏以外の出身者として初めて優勝している。
→関連項目きき酒師

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

飲み物がわかる辞典「ソムリエ」の解説

ソムリエ【sommelier(フランス)】


ワインに関して豊富な知識を持ち、レストランなどで、客の相談にのって料理にあったワインを選んだり、ワインについて説明したり、ワインの給仕をしたりする専門職。◇国によって資格制度は異なるが、日本では日本ソムリエ協会が認定する資格などがある。女性の場合は「ソムリエール(sommelière(フランス))」という。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ソムリエ」の解説

ソムリエ

〘名〙 (sommelier) レストランのワイン係のこと。客の好みや料理に応じて葡萄酒を選び客に供する専門職。
※新西洋事情(1975)〈深田祐介〉アテンド悲歌「今度は酒番(ソンムリエ)がワインのメニューを持参します」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「ソムリエ」の解説

ソムリエ

日本のテレビドラマ。放映はフジテレビ系列(1998年10月~12月)。全11回。音楽:本間勇輔。出演:稲垣吾郎、菅野美穂、武田鉄矢、鈴木杏樹ほか。ワインを物語のとするヒューマンドラマ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「ソムリエ」の解説

ソムリエ(〈フランス〉sommelier)

レストランで、客の相談にのってワインを選び、サービスをする専門職。→コンセイエ
[補説]近年野菜ソムリエ・タオルソムリエなど、品質の判定能力や知識を有することなどを認定する資格の名称にも多く用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android