コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資格制度 しかくせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資格制度
しかくせいど

能力,学歴,勤続年数などによって従業員の格づけを行う制度。資格は正規の職制上の役職とは直接的には関係のない一種の身分的,待遇的なもので,終身雇用制年功序列という,日本特有の人事管理制度が生み出したものといえる。資格の名称としては主事,主事補,参事,副参事,書記,技師などが古くから用いられている。近年では職制上の役職不足を補うために,役職そのものではないが役職と同じ待遇に処するという位置づけの社員が増加している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しかくせいど【資格制度】

あることを行うのに必要な条件を一般に資格と称し,設定主体と適用範囲の違いにより,(1)国等の公権力がつくっている公的な資格制度と,(2)民間のそれとに分けられる。後者には民間団体の設定するものもあるが,大部分は企業内資格制度である。
[公的な資格制度]
 近代社会では一般に職業選択の自由が保障されているが,その例外として,放任すると人体や財産に危害を与えるおそれのある領域などについて,一定要件を備える者にのみ就業あるいは営業を認める制度を公的な資格制度(領域によっては免許制度)という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

資格制度
しかくせいど

組織が仕事上の地位である職位の体系とは別に、処遇の体系として等級化した資格を設けたもの。参事、主事などの名称を用い、事務系と技術系の二本立てにするものも多い。終身雇用制と年功序列によって処遇をしてきた日本では、低成長化により役職不足が生じて、処遇の行き詰まりに陥った。この打開策として資格制度が用いられるようになった。資格は能力によって与えられるが、年功的色彩もかなり加味される。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の資格制度の言及

【試験】より

…現在では,世界のほとんどの地域の人々が,試験の時代,試験の社会を生きているといっても過言ではない。 古代中国に生まれた試験が,このように産業社会に普遍的な制度として発展をとげたのは,それが,これも産業社会の普遍的な制度である学校教育制度および資格制度と,有機的な結びつきをもつようになったためである。ヨーロッパに移植された試験は,一方では学校や大学のなかにとり入れられ,他方では官僚や専門的職業などの職業資格の賦与の方法として利用されるようになった。…

※「資格制度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

資格制度の関連情報