コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイ文字 タイもじ Thai alphabet

2件 の用語解説(タイ文字の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイ文字
タイもじ
Thai alphabet

タイ語の表記に用いられる固有のアルファベット。 44個の子音字,14個の母音字,4個の音節文字,4個の声調符号から成る。左から右へ,単語の切れ目なく横書きする。 13世紀末にスコータイ王朝のラーマカムヘーン王の創始したスコータイ文字がもとで,少しずつ字母数や字形を変えて現在にいたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

タイもじ【タイ文字】

タイ語を表記する文字。44(うち2個は廃字)子音と32の母音字からなり,子音字の上下左右に母音字を組み合わせ,語によっては声調符をつけて音節と声調を表す。左から右へ語の切れめなしに横書きする。他に数字が10個ある。タイ文字は13世紀末に南インド系の古カンボジア文字(クメール文字)を模して作られたもので,1292年の銘のあるラーマカムヘン王碑文が最も古い。現在では綴りと発音の違いが大きくなり,そのため改革が試みられたが成功しなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のタイ文字の言及

【スコータイ朝】より

…92年ころから元朝に入貢,この間中国から製陶技術が伝えられ,宋胡録(すんころく)焼の名で日本にも知られ,広く世界各地へ輸出された陶磁器生産の基礎がおかれた。ラーマカムヘンはタイ文字を創始し,その文字を用いて現存する最古のタイ碑文(1292)をつくった。同王のとき,南タイのナコーンシータマラート経由で,スリランカ系の大寺派上座部仏教林住部の伝統がスコータイに伝えられた。…

※「タイ文字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タイ文字の関連キーワード合字クメール文字タイ語表意文字表音文字ビルマ文字フェニキア文字表音式イ文字(彝文字)ラオ文字

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タイ文字の関連情報