コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タウランガ Tauranga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タウランガ
Tauranga

ニュージーランド,ノース島中部,プレンティー湾地方にある港湾都市。プレンティー湾に面し,羊毛,酪製品,食肉,木材,パルプ,紙を輸出する。夏は暑く湿潤で,冬は温暖。周辺の農牧業地帯の中心地でもあり,ハミルトンと鉄道で結ばれている。人口6万 5100 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

タウランガ(Tauranga)

ニュージーランド北島北東部の都市。プレンティー湾に浮かぶマタカナ島によって外海から守られ、天然の良港をもつ。同国最大の木材の積出港。かつてマオリ海上交通の中継地であり、1830年代に伝道所が置かれ、キリスト教布教の拠点となった。現在は観光保養地として知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タウランガ
たうらんが
Tauranga

ニュージーランド北島北部、プレンティー湾西岸の都市。人口9万0906(2001)。細長いマタカナ島によって外海から保護された天然の良港を有し、酪製品、食肉、羊毛、木材などの輸出で知られる。1834年に伝道所が設立され、1963年市制施行。名称はマオリ語で「風待ち港」の意。[浅黄谷剛寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

タウランガの関連キーワードリンリー ドッドマウンガヌイ山ロビンズパーク

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android