コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タオルミナ Taormina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タオルミナ
Taormina

イタリア南西部,シチリア島東岸の観光,保養の町。シチリア州メッシナ県に属する。古代名タウロメニウム Tauromenium。古くからシクリ人が住んでいたが,前8世紀にギリシア人が植民,前210年頃からローマの支配下に入った。その後,902,962年にはアラブ人(→サラセン)によって破壊され,住民が虐殺されるなどの悲劇が繰り返された。付近で硫黄を産出。その他の産物はマーマレード。南西にエトナ山(約 3320m)を控え,海岸まで山が迫って,美しい風景をつくりだしている。有名なギリシア,ローマ時代の劇場跡,珍しい草花を集めた公園などもある。人口 1万967(2006推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タオルミナ【Taormina】

イタリア南部,シチリアのメッシナ県の都市。人口1万0905(1990)。シチリアの楽園として知られ,古代にはタウロメニオンTauromenionと呼ばれ,メッシナとカターニアの中間に位置する交通の要衝であった。9世紀末には,ビザンティン領シチリアの中心であったが,10世紀初め,アラブに征服された。イタリア王国に統合後は,避暑・避寒の地として世界的に著名な観光地となっている。ギリシア時代の劇場趾がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

タオルミナの関連キーワードアンナ・アンドレヴナ アフマートワガブリエーレ サルヴァトーレスアニエス ヴァルダフィランジェーリティマイオスレオ[6世]レオ6世ナクソス熊切和嘉シクリ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android