コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカチホヘビ Achalinus spinalis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タカチホヘビ
Achalinus spinalis

トカゲ目ヘビ科。体長 35cm内外。背面黄褐色で背中線上に黒色条が1本走っている。腹面は淡黄色で,幅の広い鱗が1列しかない。夜行性で,ミミズなどを食べる。性質は非常におとなしい。卵生本州四国,九州などの山地分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

タカチホヘビ

爬虫(はちゅう)類ナミヘビ科。全長23〜53cm,頭部が細長く,背中線上に黒褐色縦縞(たてじま)が走る。本州,四国,九州および中国大陸東部に分布。無毒でおとなしく,落葉の下などに隠れ,ミミズ類を捕食する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タカチホヘビ【Achalinus spinalis】

夜行性であまり人目に触れないナミヘビ科の小型ヘビ。全長25~53cm。本州,四国,九州および中国東部に分布。和名は1888年高千穂宣麿が発見したのに由来する。頭部は細長くて眼が小さく,歯の数が少ない。体鱗は滑らかで光沢があり,褐色または暗褐色の背面に1条の細い黒条が正中線上を走るが,ほかに斑紋はなく,腹面は黄色。小型のおとなしいヘビで,丘陵地から山地の森林にすむ。夜行性で,昼間は倒木がれ場の石の下などに潜み,かなりの個体が生息する地域でも,ほとんど人目に触れることがない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タカチホヘビ
たかちほへび / 高千穂蛇
[学]Achalinus spinalis

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目ナミヘビ科のヘビ。本州、四国、九州、薩南(さつなん)諸島に分布する無毒種。和名の由来は山名ではなく本種の発見者の名による。全長25~50センチメートル余りの小形種で、頭部が小さく細長い。体背面の体鱗は真皮と密着し、各鱗(うろこ)の間では皮膚が露出している。体鱗には顕著な隆条があり、光沢がある。吻(ふん)部は下あごよりも前方に伸び土を掘るのに都合がよく、目が小さい。夜間に活動するため人目に触れる機会が少ないが、個体数もあまり多くない。昼間は石や倒木の下に潜み、地中や腐植土の下に潜ることも多く、餌(えさ)はおもにミミズ類。2~4個の細長い卵を産む。奄美(あまみ)大島、沖縄本島には尾の長い別種のアマミタカチホA. werneriが分布するほか、西表(いりおもて)島にも近縁種が発見されている。[松井孝爾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

タカチホヘビの関連キーワード爬虫

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android