コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タクトシステム タクトシステム tact system

3件 の用語解説(タクトシステムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タクトシステム
タクトシステム
tact system

流れ作業の一方式。流れ作業で,コンベヤが絶えず流動するコンベヤシステムに対し,加工時間だけコンベヤが停止する律動方式。全工程が同時に作業にかかり,同時に終って,加工物は一斉に次の工程に移動するので,コンベヤ停止中の加工作業が主体となる場合に採用され,工程の完全な同期化が前提となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

タクトシステム【tact system】

流れ作業システムの一形態であって,一連の作業工程系列を構成するそれぞれの工程をあるタクト(拍節)のもとに同時に進行させる生産作業方式をいう。すなわち,あるタクト時間内にどの工程も与えられた作業を完了し,それぞれ同時に次工程へ進む。次工程への進行方法には大別して2通りあり,その一つは各工程の作業者班が静止したままで加工対象を次工程へ移動させる方法であり,他の一つは各工程の加工対象を静止したままで作業者班をそれぞれ次工程へ移動させる方法である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

タクトシステム【tact system】

作業をするための一定時間コンベヤーが停止し、その時間が過ぎるとコンベヤーが動き出す仕組みの生産ライン。節動作業方式。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タクトシステムの関連キーワードサブシステムワークフローシステム作業研究コンベヤーシステムフードシステムロングランシステムドライシステムオンライン・リアルタイム・システムシステム・アナリスト作業システム

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タクトシステムの関連情報