コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タクトシステム tact system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タクトシステム
tact system

流れ作業の一方式。流れ作業で,コンベヤが絶えず流動するコンベヤシステムに対し,加工時間だけコンベヤが停止する律動方式。全工程が同時に作業にかかり,同時に終って,加工物は一斉に次の工程に移動するので,コンベヤ停止中の加工作業が主体となる場合に採用され,工程の完全な同期化が前提となる。ドイツが第2次世界大戦中,航空機の多量生産を計画したとき,機体の組立作業に初めて用いた方式で,その時間的間隔が,音楽演奏の指揮者が指揮棒を振るように正確であるというところから,タクトシステムと名づけられたという。おもに組立作業に利用され,日本でも,車両の組立,ラジオセットの組立などに使われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タクトシステム【tact system】

流れ作業システムの一形態であって,一連の作業工程系列を構成するそれぞれの工程をあるタクト(拍節)のもとに同時に進行させる生産作業方式をいう。すなわち,あるタクト時間内にどの工程も与えられた作業を完了し,それぞれ同時に次工程へ進む。次工程への進行方法には大別して2通りあり,その一つは各工程の作業者班が静止したままで加工対象を次工程へ移動させる方法であり,他の一つは各工程の加工対象を静止したままで作業者班をそれぞれ次工程へ移動させる方法である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

タクトシステム【tact system】

作業をするための一定時間コンベヤーが停止し、その時間が過ぎるとコンベヤーが動き出す仕組みの生産ライン。節動作業方式。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

タクトシステムの関連キーワードコンベヤー

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android