コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タコブネ(蛸舟) タコブネArgonauta hians

世界大百科事典 第2版の解説

タコブネ【タコブネ(蛸舟) Argonauta hians】

頭足綱アオイガイ科のタコ。タコブネは本来殻のほうを指し,軟体はフネダコと呼ばれる。英名はpaper nautilusといわれるがnautilus(オウムガイ類)とはまったく異なる。アオイガイに比べると小さい。体長は12cmくらいで,外套(がいとう)はまるいがややとがっている。雌は膜状に特殊化した第1腕から炭酸カルシウムを分泌し,保育用の殻をつくる。殻には自由に出入りでき,その中で産卵する。殻内はオウムガイ類のような隔壁はない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のタコブネ(蛸舟)の言及

【アオイガイ(葵貝)】より

…浮遊生活をし,カメガイなどを捕食する。やや小型種のタコブネも同様の分布を示すが,殻の放射肋の数が少なく,殻色もアオイガイのように白くなく,やや黄みを帯びる。【奥谷 喬司】。…

※「タコブネ(蛸舟)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報