コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タコブネ タコブネ Argonauta hians

3件 の用語解説(タコブネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タコブネ
タコブネ
Argonauta hians

軟体動物門頭足綱アオイガイ科。タコブネは雌だけがもつ殻に対する名で,別名フネダコは軟体も含めた名である。アオイガイに似るがやや小型で,雌は体長 12cm,体幅 3cm。8本の腕をもち,膜状に広い第1腕から殻を分泌する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タコブネ

頭足類アオイガイ科。軟体はフネダコとも。アオイガイに似た小型の浮遊性のタコの一種,また,その雌の分泌した保育用の殻をいう。雌は体長12cmほど。殻はアオイガイに比べて放射状の肋(ろく)の数が少なく,色は灰褐色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タコブネ
たこぶね / 蛸舟・章魚舟
[学]Argonauta hians

軟体動物門頭足綱アオイガイ科のタコ。雌がもつ卵哺育(ほいく)用の殻をさしてタコブネとよばれるが、動物体をいうときはフネダコともいう。浮遊性の種で、熱帯から亜熱帯海域の表層に広く分布し、日本では本州から九州の暖流域にもみられる。アオイガイによく似ているが、殻が小形で殻長径88ミリメートル、短径37ミリメートルぐらいで、灰黄色で薄く、低い突起列のある周縁は黒みがかる。殻をもつのは雌だけで、その軟体は体長120ミリメートル、外套(がいとう)(胴)長60ミリメートル、幅30ミリメートルに達する。雄は小形で右第3腕が交接腕となり、交接のときに切れて雌の外套腔(こう)に残る。殻は海岸に打ち上げられることがある。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タコブネの関連キーワード頭足類軟体動物鸚鵡貝蛸船葵貝軟体類アオイガイ(葵貝)イカ(烏賊)タコブネ(蛸舟)ボルボルテラ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone