コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タコブネ タコブネArgonauta hians

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タコブネ
Argonauta hians

軟体動物門頭足綱アオイガイ科。タコブネはだけがもつに対する名で,別名フネダコは軟体も含めた名である。アオイガイに似るがやや小型で,雌は体長 12cm,体幅 3cm。8本の腕をもち,膜状に広い第1腕から殻を分泌する。殻は長径 8.8cm,幅 3.7cm,内巻きで薄く淡黄色。殻表には太く低い放射肋があり,周縁はそのため鋸歯状になり黒みを帯びる。殻口はやや狭く,殻軸部の両側に耳状突起を有することがある。雄は小型で殻をもたず,左第3腕は細長く交接腕となり,その先端部が交接のとき切れて雌の体内に残る。世界の温帯・熱帯海域に広く分布し,表層域にすむ。殻は海岸に打上げられることがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

タコブネ

頭足類アオイガイ科。軟体はフネダコとも。アオイガイに似た小型の浮遊性のタコの一種,また,その雌の分泌した保育用の殻をいう。雌は体長12cmほど。殻はアオイガイに比べて放射状の肋(ろく)の数が少なく,色は灰褐色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タコブネ
たこぶね / 蛸舟・章魚舟
[学]Argonauta hians

軟体動物門頭足綱アオイガイ科のタコ。雌がもつ卵哺育(ほいく)用の殻をさしてタコブネとよばれるが、動物体をいうときはフネダコともいう。浮遊性の種で、熱帯から亜熱帯海域の表層に広く分布し、日本では本州から九州の暖流域にもみられる。アオイガイによく似ているが、殻が小形で殻長径88ミリメートル、短径37ミリメートルぐらいで、灰黄色で薄く、低い突起列のある周縁は黒みがかる。殻をもつのは雌だけで、その軟体は体長120ミリメートル、外套(がいとう)(胴)長60ミリメートル、幅30ミリメートルに達する。雄は小形で右第3腕が交接腕となり、交接のときに切れて雌の外套腔(こう)に残る。殻は海岸に打ち上げられることがある。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

タコブネの関連キーワードタコブネ(蛸舟)稲垣あけみ縮章魚舟縮蛸船蛸船船蛸

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android