タックスフレーション(英語表記)taxflation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「タックスフレーション」の解説

タックスフレーション
taxflation

アメリカの供給サイドの経済学において,減税ひいては小さな政府を根拠づける議論の一つで,重い税負担による物価上昇を表す「タックス」と「インフレーション」の合成語。ケインジアンインフレ政策の一つである過剰需要を吸収するための増税に対する批判の根拠でもある。つまり,(1) 高率の課税によって生産にブレーキがかかること,(2) 企業が税負担を価格転嫁すること,(3) 労働者の賃上げ要求が激しくなることから増税は物価上昇につながるというもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「タックスフレーション」の解説

タックスフレーション(taxflation)

《tax+inflationから》間接税などの税金が引き上げられると、その一部が価格に転嫁されて物価を押し上げ、このことを契機インフレを招くことをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android