コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

租税回避 ソゼイカイヒ

デジタル大辞泉の解説

そぜい‐かいひ〔‐クワイヒ〕【租税回避】

税率の低い国に所得を移したり、税制の抜け道を探したりして税負担を軽くしようとする行為。→タックスヘイブン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

そぜいかいひ【租税回避】

納税者の租税負担を減少させようとする行為は,〈脱税tax evasion,Steuerhinterziehung〉〈節税tax saving,Steuerersparung〉および〈租税回避tax avoidance,Steuerumgehung〉の三つに大別される。脱税とは,課税要件の充足という事実の全部または一部を秘匿することにより違法に租税を免れ(またはその還付を受け)る等の行為であり(脱税犯),また,節税とは,租税法規が本来予定している行為形式を用いて租税負担の適法な減少を図る行為(例えば,長期譲渡所得の課税の特例の適用を受ける等)である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

租税回避の関連キーワードタックスへイブン(Tax Haven)タックスヘイブン Tax Havenトランスファー・プライシングフランツ・ヨーゼフ2世タックス・ヘイブン税制タワーマンション節税税務行政執行共助条約ペーパーカンパニーキプロス・ショックタックスシェルタータックス・ヘイブン国外転出時課税制度オフショアセンターオフショアファンド国外財産調書制度有限責任事業組合アンカット運動ヘッジファンド特別目的会社連結納税制度

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

租税回避の関連情報