コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タテガミオオカミ タテガミオオカミ Chrysocyon brachyurus; maned wolf

2件 の用語解説(タテガミオオカミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タテガミオオカミ
タテガミオオカミ
Chrysocyon brachyurus; maned wolf

食肉目イヌ科。体長 120cm,体高 80cm,体重 20kg内外。四肢が非常に長い。体は黄褐色で,四肢,鼻などは黒っぽい。頭部から肩にかけてたてがみ状の長毛が生えている。夜行性。小動物を捕食する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タテガミオオカミ
たてがみおおかみ / 鬣狼
maned wolf
[学]Chrysocyon brachyurus

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。ブラジル東部からアルゼンチン北部までのパンパにすむが少ない。南アメリカ最大のイヌ類で、体長105~125センチメートル、尾長30~45センチメートル、肩高75~87センチメートル、体重約23キログラムに達する。四肢が極端に細長く、耳介が大きく、頸筋(くびすじ)と肩に黒いたてがみがある。体は赤褐色、前肢と後肢の下部は黒褐色、あごの下面、耳介の前面と尾端は白色。四肢が長いのは走るためでなく、丈の高い草やぶを歩くのに適応したものである。単独でおもに夜出歩き、果実、ウサギ、パカ、ネズミ、鳥、トカゲ、昆虫などを食べ、性質は穏和である。6~9月に2~3子を産む。たてがみと背の毛を立てて威嚇する。[今泉吉典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タテガミオオカミの関連キーワードディンゴリカオンフェネックギツネ北極狐イヌ(犬)ヌクテイオオミミギツネ(大耳狐)クルペオコミミイヌヤブイヌ(藪犬)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タテガミオオカミの関連情報