コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タテジマフジツボ タテジマフジツボBalanus amphitrite

2件 の用語解説(タテジマフジツボの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タテジマフジツボ
タテジマフジツボ
Balanus amphitrite

顎脚綱無柄目フジツボ科。殻径 2.5cm,高さ 1.2cm。殻は白色の地に暗紫色の縦縞があり,なめらかである。殻口は比較的大きく,ほぼ四角形。低塩分濃度によく耐え,内湾の筏や桟橋に多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タテジマフジツボ
たてじまふじつぼ / 縦縞藤壺
[学]Balanus amphitrite

節足動物門甲殻綱完胸目フジツボ科に属する海産動物。直径1.5~2.5センチメートルで、高さは0.7~1.2センチメートルくらい。殻口は大きな菱(ひし)形で、峰板(ほうばん)の上端がわずかに外に曲がるが、周殻は比較的緩やかに傾斜する。滑らかで光沢があり、白色地に数本の暗紫色の縦縞(たてじま)がある。フィリピンやハワイなど熱帯、亜熱帯海域では潮間帯でみられるが、南日本各地の暖流水域では内海や港にある筏(いかだ)、杭(くい)などにつくほか、船底にもつくため嫌われる。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のタテジマフジツボの言及

【サラサフジツボ】より

…船底以外に,低潮線以深にある石や貝殻の上などにも付着している。塩分濃度の低い内湾などには,近縁のタテジマフジツボB.amphitriteが生息し,いかだや船底に多く付着し,シロスジフジツボB.a.albicostatusは岩上および橋脚などに多く着生する。第2次世界大戦後,船底に付着して移入されたものにヨーロッパフジツボB.improvisusやアメリカフジツボB.eburneusなどがあり,全国に広まりつつある。…

【ヨーロッパフジツボ】より

…元来,ヨーロッパの大西洋沿岸,イギリス海峡,北海およびバルト海など,おもに汽水域に生息したが,現在では日本全土の汽水や浅海域にまで広まり,船底のほか,石杭やいかだなどにも着生しているのが見られる。これと同様に,戦後,アメリカの大西洋岸から船底に付き運ばれてきた近似種のアメリカフジツボB.eburneusは殻の直径3cmくらい,以来漸次日本各地に分布を広げ,これよりやや小型で,白い殻表に数本の暗紫色の縦縞のあるタテジマフジツボB.amphitriteと混じって,港などの岸壁や,杭,いかだにも群生しているのが見られる。【蒲生 重男】。…

※「タテジマフジツボ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

タテジマフジツボの関連キーワード田原翼室田雪子尾崎祐子ウバガイMac mini松尾好子加藤朝日樫原寛人佐々木マリア小林沙弥香

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone