コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タヌキモ

3件 の用語解説(タヌキモの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

タヌキモ

タヌキモ科の水生食虫植物。日本全土に分布する。多年生で植物体は柔らかく,葉は糸状の裂片に細かく分かれ,所々に小さい捕虫袋をつける。夏〜秋,水上に直立する花茎をたて,上半に数個の花をまばらにつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タヌキモ【Utricularia japonica Makino】

根をもたず,池や水田などに浮遊するタヌキモ科の多年生食虫植物イラスト)。厳密な意味での茎や葉をもたない。茎状器官は長く伸び,ところどころで分枝する。葉状器官は互生し,細かい枝状で平たく,多数の捕虫囊(ほちゆうのう)をもつ。この栄養組織形態がタヌキの尾に似ているところから,タヌキモの名がついた。夏,10~20cmの花茎を水面上につき出して,数個の黄色花を総状につける。萼は卵形で2片からなり,花冠は仮面状となって,基部に距を1本もつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タヌキモ
たぬきも / 狸藻
[学]Utricularia vulgaris L. var. japonica (Makino) Tamura

タヌキモ科の多年草。根はなくて池沼に浮遊し、球形の越冬芽をつくり、水底に沈んで冬を越す。葉は密に互生して左右に広がり、平面上に3~4回羽状に細裂する。多数の捕虫嚢(のう)をつけ、水中の微小な動物をとらえて消化吸収する。花茎は高さ10~25センチメートル、広卵形の鱗片葉(りんぺんよう)をつける。7~9月、距(きょ)のある黄色花を開く。果実は成熟しない。日本全土、および中国、樺太(からふと)(サハリン)、南千島に分布する。名は、茎の先の葉が房状に密集している形をタヌキの尾に見立て、水中に生えることによる。
 タヌキモ属は、花は多くが総状につき、萼(がく)は2裂する。世界に約250種ある。日本には13種の記録がある。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のタヌキモの言及

【食虫植物】より

…すべて独立栄養者として,葉や茎にクロロフィルをもち光合成を行う一方,従属栄養的な性質ももち,獲物の小動物から窒素やリン等を摂取する。世界で,モウセンゴケ科(モウセンゴケ属約90種,モウセンゴケモドキ属1種,ハエトリグサ属1種,ムジナモ属1種),サラセニア科(サラセニア属8種,ランチュウソウ属1種,キツネノメシガイソウ属約10種),ウツボカズラ科(ウツボカズラ属約70種),フクロユキノシタ科(フクロユキノシタ属1種),ビブリス科(ビブリス属2種),ディオンコフィル科(トリフィオフィルム属1種),タヌキモ科(ムシトリスミレ属47種,タヌキモ属約150種,ゲンリセア属約15種,ビオブラリア属1種,ポリポンポリックス属2種)が知られる。日本にも2科4属21種の自生が認められる。…

※「タヌキモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タヌキモの関連情報