コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タマノミドリガイ(玉野緑貝) タマノミドリガイ bivalved snail

1件 の用語解説(タマノミドリガイ(玉野緑貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タマノミドリガイ【タマノミドリガイ(玉野緑貝) bivalved snail】

タマノミドリガイ科の巻貝。2枚の殻をもち外観は二枚貝に似る。殻は薄く黄緑色,長さ8mm,高さ4mm,幅1mmで左右に扁平。幼貝の初期は巻いた殻をもつが,成長するに従って広く平らな左殻となり,本来の巻いた胎殻がその上についている。右側には二次的に同形の右殻ができて成体となる。筋肉は中央にあって左右の殻をつなぐ。軟体は細長く,頭には1対の触角がありその基部の後に眼がある。足裏は平らで,口には小刀状の歯が並んでいるなど巻貝であることを示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タマノミドリガイ(玉野緑貝)の関連キーワードバイ大蛇貝笠貝三味線貝葵貝揚巻貝逆巻貝玉貝唐冠貝都鳥貝

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone