コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パリ盆地 パリぼんちBassin de Paris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パリ盆地
パリぼんち
Bassin de Paris

フランス北部の大盆地。パリを中心として平地と丘陵とが交互に同心円状に配列する。地形的単元であると同時に,大区分の地域単元でもある。北東部はアルデンヌ高地,東部はボージュ山地,南部はマシフサントラル(中央山地)など古期造山帯に属する山地で境される。地質構造上はフランドル地方,ノルマンディー半島を経てイングランド南東部に連続する堆積層が,新生代古第三紀に中央部がくぼむ撓曲作用を受けたものである。盆地の中央部にあたるイルドフランス地方では,最も新しい新第三紀の地層が見られ,周辺部に向かうにつれて,下部の中生代に属する石灰岩砂岩,泥岩などの地層となる。硬軟の地層が交互に堆積し,外側にゆるやかに傾斜しているため,差別浸食によってケスタ地形が形成されている。パリを中心として特に北-東-南東側に顕著な,同心円状に配列する丘陵地は,内側斜面の傾斜はゆるいが,外側は急崖をなしている。パリに近いイルドフランスの急崖から周辺に向かって,シャンパーニュの急崖,ムーズ川の急崖,モーゼル川の急崖がある。これらの崖線は,パリ防衛の重要な要塞線として利用されてきた。崖の麓には,シャンパーニュ地方のようなブドウ栽培地帯も多く見られる。盆地の大部分は,セーヌ川とその支流のオアーズ川マルヌ川ウール川などの流域に属するが,一部はロアール川,ムーズ川,モーゼル川などの河川に排水される。平地部はこれら河川によってピカルディ台地,ブリ台地,ボース台地などの台地に分かれる。これらの台地は,石灰岩起源の土壌やレスに覆われているため肥沃で,コムギ,テンサイ,ジャガイモなどが栽培されている。特にコムギ栽培は大規模で,機械化された農場で行なわれ,高い生産性を示している。盆地の中心都市パリは,地勢上でも中央部にあって,フランスの国家形成の中核となってきた。今日でもパリ大都市圏の人口,産業の集中度は高く,パリ盆地はフランスの文化,経済,政治の中心となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パリぼんち【パリ盆地 Bassin Parisien】

パリを中心とするフランス中北部の大盆地。地質的には,ヘルシニアン造山運動でつくられたカコウ岩類や,古生層の露出地域に囲まれた,中生代以降の新しい堆積盆地に相当する。東をボージュ山地とアルデンヌ高原,南をマシフ・サントラル,西をアルモリカン山地に囲まれ,北はドーバー海峡を隔ててロンドン盆地に連なっている。東西,南北それぞれほぼ480kmに及ぶ,西ヨーロッパ最大の堆積盆地である。浅い海底に砂岩や石灰岩などが次々と積み重なるとともに,パリ付近を中心とした沈降が続いた結果,盆地の外側から中心部に向かって,しだいに新しい地質時代の地層が露出する同心円状の地質構造がみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パリ盆地
ぱりぼんち
Bassin Parisien

フランス北部、首都パリを中心とする広大な盆地。面積約14万平方キロメートルで、国土の約4分の1にあたる。北はアルトア丘陵、南はマッシフ・サントラル(中央群山)、東はボージュ山脈、西はアルモリカン山地に囲まれる。平均標高は178メートルと低い。中生代から新生代第三紀の地層が同心円状に分布し、周辺部がもっとも古く、中心部が新しい堆積(たいせき)層よりなるケスタ地形である。ほとんどがセーヌ川水系に属するが、一部は南ではロアール川、東ではモーゼル川、ムーズ川の各水系に属している。気候は大西洋の影響の強い海洋性であるが、東・南部では気温の年較差も大きくなる。開発が進んでおり、原生林はほとんど残されていない。中央部は沖積層に覆われた第三紀層の平地からなるイル・ド・フランス、北部と西部は沖積層に覆われた白亜層のピカルディーとノルマンディー、南部は平地と高地の交互するロアール地方、丘陵の多いブルゴーニュ、シャンパーニュ、ロレーヌ地方に大別される。[高橋 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のパリ盆地の言及

【構造地形】より

…以下に組織地形の若干の例を挙げよう。パリ盆地は,中生代三畳紀から古第三紀までの地層が緩やかに盆状にたわみ,構造盆地の例とされている。パリ盆地とその周縁では,盆地中心に向かって緩やかに傾く硬い地層と軟らかい地層が交互にあらわれ,ケスタが形成される。…

【フランス】より

…V字の底にあたる地方には,コースcausseと呼ばれる石灰岩台地が広がり,鍾乳洞や深い峡谷がみられる。 V字状に並んだ山地に囲まれた部分がパリ盆地,V字の左辺下がアキテーヌ盆地で,これらの盆地には周辺山地から運ばれた土砂が中生代から第三紀にかけて堆積し,中央部にやや低く周辺部に向かって高まる皿のような地層(石灰岩と泥岩がほぼ交互に重なっている)を形成した。ここでも石灰岩はしばしば浸食されずに残り,パリ盆地では東から南東にかけて,内側はほとんど気づかないほどの緩傾斜,外側は急峻な崖となったケスタ地形がみられる。…

※「パリ盆地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パリ盆地の関連キーワードマシフ・サントラルコートドール県モーゼル[川]ロアール[川]ブルゴーニュシャセイ文化エルベシウスモルバン山地ラングル高地ピカルディーマルヌ[川]セーヌ[川]シャンパンサンミエルゲッタールシャルトル天変地異説ポアトゥーアンドル川ボース平野

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android