タラス川の戦い(読み)タラスがわのたたかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タラス川の戦い
タラスがわのたたかい

751年に高仙芝の率いる軍とアラブ軍との間で行われた戦闘。タラス川はカザフスタンの南部にあり,その流域は古来東西交通の要衝であった。突厥に代って西トルキスタンを支配した唐と,南西方から迫ってくるアラブ勢力との衝突は避けられなかったが,この戦いで唐軍は大敗し,西トルキスタンにおける唐の勢力は後退した。中国人捕虜のなかに製紙工がおり,製法が西伝された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タラス川の戦い
たらすがわのたたかい

751年、唐軍とアッバース朝軍との間に行われた戦い。タラスalasは、『唐書』では「怛羅斯」とあり、アラビア語ではタラーズarzと表記される川の名であり、また都市の名でもある。川は天山山脈の北西部から西に流れ、北に転じる地点でタラスの町を潤し、やがて砂漠に消える。戦いは、唐の安西四鎮(あんせいしちん)節度使であった高仙芝(こうせんし)が石国(シャーシュ)を攻略したことに端を発している。石国王の子や他の「諸胡(こ)」が、アッバース朝のホラサーン総督アブー・ムスリムに派兵を求め、後者はジヤード・ビン・サーリフを将として一軍を送った。両軍はともに数万で対戦したが、トルコ系の一部族カルルクが唐を裏切ったため、唐軍は壊滅した。このとき捕虜となった中国人が紙の製法を西方に伝えたという。[後藤 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android