コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タルタルステーキ tartar steak

栄養・生化学辞典の解説

タルタルステーキ

 ウシ生肉に卵黄,薬味,調味料などを加えてあぶりした料理.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

タルタルステーキ【tartar steak】

牛肉(ヒレランプなど脂肪が少なくやわらかい部位を用いる)を生のまま細かく刻んで塩・こしょうなどで調味し、丸く形を整え、パセリ・たまねぎ・ケイパーなどの薬味やケチャップ・マスタード・ウスターソース・オリーブオイルなどを添えた料理。肉の中央にくぼみを作り、そこに卵黄をのせることが多い。薬味などは、好みに応じて肉に混ぜ込みながら食べるが、はじめから混ぜて作ることもある。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

タルタルステーキ【tartar steak】

細かく刻んだ牛肉に、タマネギ・ピクルス・ケイパーなどの薬味を加えて混ぜ合わせ、塩・胡椒・オリーブ油などで調味した料理。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のタルタルステーキの言及

【西洋料理】より

…豚肉といっしょに煮込んだり,付合せとしてよく使われるザウアークラウトは,キャベツを塩漬にし,発酵させたものである。肉料理ではハンバーグ・ステーキや,生の牛肉をたたいて刻み,タマネギ,ケーパーのみじん切り,卵黄などを混ぜて食べるタルタルステーキTatarも好まれる。魚料理ではニシンの薫製や酢づけ,あるいはコイ,マス,ウナギなど,菓子ではバウムクーヘンがあげられよう。…

【ビーフステーキ】より

…これらのほか,T字形の骨をはさんで片側にヒレ,片側にサーロインの肉のついた大きな塊を使うティーボーンステーキT‐bone s.と,これより少し腰寄りの部位から同様に切り取ったポーターハウスステーキporterhouse s.などがある。また部位にかかわらず薄切りにした肉を手早く焼いたミニッツステーキminute s.(短時間で焼けるための名),ヒレ肉を2度びきしてハンバーグ状にまとめ,タマネギ,ケーパー,ピクルスのみじん切りや卵黄を添えて生のまま食べるタルタルステーキtatar s.,あらびきしたコショウを両面にたっぷりまぶしつけて焼くペッパーステーキなどもある。このほか作曲家ロッシーニの名をもつロッシーニ風トルヌードというのもある。…

※「タルタルステーキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タルタルステーキの関連キーワードオリーブ油ユッケ胡椒

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android