コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タルン川 タルンがわTarn

翻訳|Tarn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タルン川
タルンがわ
Tarn

フランス南部を流れるガロンヌ川の支流。全長 375km。マシフサントラル (中央山地) 南東部,ロゼール県南東部のロゼール山 (1699m) 南部に源を発し,肥沃なアキテーヌ盆地をガロンヌ川と並行して流れたのち,モアサック下流でガロンヌ川に注ぐ。上流部フロラックからミヨー付近まではコースと呼ばれる石灰岩台地をえぐった峡谷が続き,景勝地として知られるが,近年水力開発が進展。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タルン川
たるんがわ
le Tarn

フランス南部の川でガロンヌ川の支流。全長375キロメートル。セベンヌ山地南部のロゼール山南麓(なんろく)、標高1575メートル地点に発し、マッシフ・サントラル(中央群山)の南西斜面を西南流してアルビに至る。さらに西南流してアグー川との合流点付近でアキテーヌ盆地に出、ガロンヌ川と平行して西北流し、モントーバンを経、西流してきたビオール川との合流点から西流してガロンヌ川に合流する。上流部のサント・エニミからペイルローに至る約50キロメートルは石灰岩台地を貫く峡谷をなし、洞穴も多く観光の名所である。[高橋 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

タルン川の関連キーワードタルンエガロンヌ県アルビ司教都市ガロンヌ[川]アベイロン川モントーバンアベロン県タルン県カストルミヨー橋マンドアルビ高橋

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android