コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンブラン tambourin

翻訳|tambourin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンブラン
tambourin

楽器および舞曲の一種。 (1) フランス,プロバンス地方に伝わる枠胴の長い民俗的な太鼓。 (2) ガルーベという小笛と (1) の伴奏による 18世紀に流行した2拍子の舞曲。 (3) タンブリン (タンバリン) の別称。枠胴の周囲に小さなシンバルが多くついていて,片手で打ち鳴らす1枚皮の小型の太鼓。スペインの民俗楽器として広く用いられるほか,近東にも類似の楽器がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

タンブラン(〈フランス〉tambourin)

フランスのプロバンス地方起源の、胴の長い太鼓。また、この太鼓の伴奏による4分の2拍子の活発で急テンポの舞踊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

タンブラン

南フランス,プロバンス地方の胴の長い円筒形両面太鼓。タンブラン・ド・プロバンス,タンボール・プロバンサルとも。バチで打つ方の面には1本の響線が張ってある。左肩や腕から紐で吊し,右手に持った1本のバチで打つ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

タンブラン【tambourin】

南フランス起源の長胴の太鼓。一本のばちで鳴らす。また、この太鼓で伴奏する四分の二拍子の活発な民族舞踊。
タンバリン に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のタンブランの言及

【太鼓】より

… 民俗音楽にも特筆すべき太鼓がある。南フランス,プロバンス地方のタンブランtambourinは胴の非常に深い(長い)太鼓で,ファランドールの踊りに欠くことができない。イギリスのテーバーtaborは逆に,胴のごく浅いものが目だつ。…

【フランス音楽】より

…〈踊り歌〉あるいは舞曲の中で特筆されるのは中央部に残っているブーレbourré(ベリー地方のものは2拍子,オーベルニュのものは速い3拍子など変化がある)や左右にステップを踏みながら左回りに輪になって踊るブランルbranleなど,古典組曲の中できく舞曲が,民俗的な姿で残っていることであろう。各地に残る郷土舞踊として,手をつなぎあった男女がガルーベgaloubet(小さな縦笛)とタンブラン(長太鼓)の音楽に合わせて踊る南部プロバンス地方のファランドールfarandole,プロバンス語でfarandouloなどは名高い。〈物語歌〉もフランス民謡の一つの特色をなし,たとえばトルバドゥール,トルベールの伝統を汲むもの,女たちが糸車を繰りながら歌った〈紡ぎ歌chansons à toile〉のなごり,伝説的あるいは小説的なテーマを扱った悲劇的な内容の〈哀歌complante〉の伝承などが認められる。…

※「タンブラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タンブランの関連キーワードファランドールリアウ諸島州リアウ諸島民族舞踊膜鳴楽器二拍子ばち四分

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android