コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンブリング tumbling

翻訳|tumbling

百科事典マイペディアの解説

タンブリング

マット,跳び箱,人的障害などを用いて行う飛躍回転運動。前・後方宙返り,前・後方回転,腕立て前・後方回転,腕立て側転,倒立などを行う。柔軟性,反射神経,平衡感覚を養い,慎重性や決断力を養うなどの精神的効果もあり,学校体育にとり入れられている。→トランポリン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

タンブリング【tumbling】

マットの上で行う跳躍・転回などの運動。前・後方宙返り、腕立て転回、側転など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タンブリング
たんぶりんぐ
tumbling

転回運動の総称。主としてマットを使用して行われる。背をつけて転がる基礎的なものから、前転跳び、後転跳び、前・後・側方宙返り、2回宙返り、宙返りひねりなど、内容も豊富で、技術の幅も広い。体操競技の床(ゆか)運動の主要部分となるタンブリングの上達は、体操選手にとっては必須(ひっす)条件である。アメリカがもっとも盛んで、日本でも、男子競技の一つとして全日本選手権大会が行われている。競技は、長さ18メートル、幅1.5メートル、厚さ4.5~6センチメートルのマットを使用して、各種の転回運動を1分間連続して行い、難度、組合せ、実施の三要素について、4人の審判がそれぞれ10点満点で採点する。[上迫忠夫]

ルール変更

2008年4月現在、競技は、タンブリングバーンとよばれる弾性のあるボード(幅1.8メートル、長さ25メートル)上で連続して8回の演技を行い、得点を競う方法で行われている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のタンブリングの言及

【体操】より

…最低でも1チーム16人,最高は60人もの選手が出場していた。日本が初参加した32年のロサンゼルス大会でも,器械体操とは別個にクライミングロープやタンブリングが種目に入っていた。1903年にアントワープで第1回大会が行われた世界選手権大会についても同様で,第2次大戦後最初の大会(1950,バーゼル)にいたっても,〈総合運動としての体操〉という古い時代のなごりで,棒高跳びや走高跳び,100m競走が体操競技の種目のなかに入っていた。…

※「タンブリング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

タンブリングの関連キーワードチアリーディングゆか(体操競技)バレル仕上げ永山たかし円城寺あや中村誠治郎浅間伸一郎渡邉絵里香松林うららタモト清嵐アクロ体操入来茉里中尾明慶安川純平Lead春川恭亮元木聖也下澤武留浅香航大鞭毛運動

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android