コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンマン たんまんGustav Heinrich Johann Apollon Tammann

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タンマン
たんまん
Gustav Heinrich Johann Apollon Tammann
(1861―1938)

ロシア生まれ、ドイツ系の物理化学者。デルプト(ロシア、現、タルトゥ)の大学教授からゲッティンゲン大学教授となる。高圧での測定技術を開拓して、氷を発見し、圧力により結晶の多形が存在することを示した。次に、熱力学を使って不均一系における平衡の問題を研究し、固相―液相、固相―気相の境界線は閉じていて、気相―液相にみられるような臨界点は存在しないと考えた(1903)。また冷却曲線の作成とその分析により、固体内での化学結合の有無を知ることを可能にし、金属間化合物をつくりうる元素の組合せを調べた(1906)。そして、金属の冷間加工による変形および再結晶の過程を明らかにし、金相学の発展に貢献した。[吉田 晃]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

タンマン

生年月日:1861年5月16日
ドイツの物理化学者
1938年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

タンマンの関連キーワード固体酸化物形燃料電池タンマンの耐食限界規則タンマンの法則固体電解質電池テイトの状態式本多 光太郎状態方程式本多光太郎生年月日近重真澄状態式

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タンマンの関連情報