タンマン(読み)たんまん(英語表記)Gustav Heinrich Johann Apollon Tammann

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タンマン
たんまん
Gustav Heinrich Johann Apollon Tammann
(1861―1938)

ロシア生まれ、ドイツ系の物理化学者。デルプト(ロシア、現、タルトゥ)の大学教授からゲッティンゲン大学教授となる。高圧での測定技術を開拓して、氷を発見し、圧力により結晶の多形が存在することを示した。次に、熱力学を使って不均一系における平衡の問題を研究し、固相―液相、固相―気相の境界線は閉じていて、気相―液相にみられるような臨界点は存在しないと考えた(1903)。また冷却曲線の作成とその分析により、固体内での化学結合の有無を知ることを可能にし、金属間化合物をつくりうる元素の組合せを調べた(1906)。そして、金属の冷間加工による変形および再結晶の過程を明らかにし、金相学の発展に貢献した。[吉田 晃]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

タンマン

生年月日:1861年5月16日
ドイツの物理化学者
1938年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android