コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷却曲線 れいきゃくきょくせんcooling curve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冷却曲線
れいきゃくきょくせん
cooling curve

高温物体が放熱して冷却していく場合の温度と時間の関係を表わす曲線液化凝固,または種々の固相の間での相転移が起る温度,あるいは成分の一部が析出する温度では,潜熱または比熱の変化のために曲線に異常が現れるので,これから沸点融点などが求められ,状態図が得られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

岩石学辞典の解説

冷却曲線

液相から固相への境界を決める曲線.体積と温度,温度と時間,エネルギーと温度などの図のいずれかの線で書かれる[Wahlstrom : 1950].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冷却曲線
れいきゃくきょくせん

高温の状態にある物体から熱を奪っていき、それにつれて物体の温度が下がっていくようすを、物体の温度と時間との関係で図示した曲線。熱を奪う条件を一定に保ちながら冷却曲線をとれば、液体の固化、固体の変態などの現象をとらえることができる。このような曲線を利用して物質の融点や変態点を決めることができ、さらに種々の組成の試料について求めれば、合金とか、無機、有機の化合物の混合物の状態図を作成することもできる。しかし、一定の割合で熱を奪うことはかならずしも容易ではない。そこで、変化をおこさない試料(中性試料、参照試料とよぶ)を同一環境に置いて、それとの温度の差(試料に変化がおこれば温度の遅滞などがおこる)を測る方法(示差熱分析)とか、試料が一定の温度下がるのに要する時間を温度に対して目盛る方法(逆速度曲線)、一定時間間隔ごとにおこる温度変化を測定して記録する方法などいろいろくふうされている。逆速度曲線を用いて、1887年にフランスの金属学者F・オスモンが鉄の変態を解明している。
 第二次世界大戦後は、エレクトロニクス技術の開発で、実験手段が格段に進歩したので精密な測定ができるようになった。また、冷却曲線だけでなく加熱曲線をとるなど、いろいろ利用されている。[長崎誠三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

冷却曲線の関連キーワードタンマン液相共晶

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android