ターヘル・アナトミア

  • たーへるあなとみあ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

解体新書』の原本。著者は J.A.クルムス (1689~1745) で,原著はドイツ語で書かれた簡明解剖書である。初版は 1722年にダンチヒで出た。その第3版をオランダ人医師 G.ディクテンがオランダ語訳して,34年にアムステルダムで出版。杉田玄白らはそれを使ったが,『解体新書』では本文だけが訳され,全体の半分以上を占める脚注は訳されていない。原題は"Ontleedkundige Tafelen"であるが,いつのまにか「ターヘル・アナトミア」と訛称されるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

解体新書》の原本の通称杉田玄白前野良沢の入手した本は,ドイツの学者J.A.クルムスの解剖学入門書(1732年刊)のオランダ訳本(1734年刊)で,題名の一部のラテン語タブラエ・アナトミカエ(解剖学表)から,この通称が生まれたのではないかとされている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android