コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイダイイソカイメン Halichondria japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイダイイソカイメン
Halichondria japonica

海綿動物門尋常海綿イソカイメンイソカイメン科の海産動物。体は赤橙色不定形で,大きさもさまざま。体表には無数の小孔が散在し,頂部先端に大孔が開いている。主大骨片は多くは桿状体であるが,なかには針状体,棍棒体のものも含まれる。微小骨片はない。潮間帯に層をなして付着し,しばしば皮層にカイメンフジツボを共生させる。日本各地の沿岸に多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダイダイイソカイメン【Halichondria japonica】

尋常海綿綱イソカイメン科の海綿動物(イラスト)。日本各地の沿岸に分布し,潮間帯の岩に付着しているのがごくふつうに見られる。橙色の殻層状の群体をつくり,高さ1~2cmの円錐状突起を不規則に生じ,その先端に出水孔が開いている。体表には無数の小さい穴が開いていて,ここから入った水は体内の細い溝を通って集められ,出水孔から出される。その間に水とともに入ってきた微小な餌が溝に並んでいる襟細胞にとらえられ,消化される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダイダイイソカイメン
だいだいいそかいめん / 橙磯海綿
[学]Halichondria japonica

海綿動物門尋常海綿綱イソカイメン科に属する海産動物。海岸の潮間帯中部から亜潮間帯にかけて岩の上や潮だまり(タイドプール)に生息する橙(だいだい)色の海綿で日本各地に普通にみられる。殻層状に薄く広がり煙突状の突起が発達することが多い。体は両端がとがった針状の骨片が不規則に配列してできている。一年中、海岸でみられるが、冬には海綿の大きさが縮小し、春に成長して大きくなる。体内にはドングリカイメンフジツボが共生することがある。九州や日本海沿岸には色彩がダイダイイソカイメンに非常によく似た同属のハリカンダリア・スルピカンダH. surrupicundaが分布するが、この種は骨片の中央部に膨らみがあるので識別できる。[星野孝治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ダイダイイソカイメンの関連キーワードナミイソカイメンイソウミウシ磯海綿

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android