コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダウジング dowsing

占い用語集の解説

ダウジング

「気」の測定方法の一つ。他にも、「フーチ」・「オーリングテスト測定法」などがある。振り子やL字形の棒を使って、地下の水脈などを探し当てる技術。4000年以上の歴史があり、現在でも水道管の位置を探し当てたり、地雷を発見するために利用されている。空海も日本の各地でダウジングをして、井戸を探し当てたという伝説が残っており、それらは空海井戸と名付けられている。

出典|占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

ダウジング【dowsing】

占い棒や振り子、 L 字の針金などを用いて、目的の物を探り当てたり予測する技術。水脈・鉱脈の探索や、占いなどに用いられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダウジング
dowsing

オカルティズムにおいて,分岐したハシバミ,ナナカマド,ヤナギなどの枝,Y字型の金属棒,ナイロンや絹の糸で吊り下げられた振り子などを用い,地下の水脈,鉱物や貴金属などの鉱脈,考古学的遺跡,ときには死体といったものを探しあてる手法。最初に流行したのは中世のヨーロッパと考えられる。ダウジングを行なう者(ダウザー)は,ふたまたになった棒の 2本の先をつかんで隠された物から伝わる信号を受け取ろうと試み,それが無意識の筋肉の収縮を引き起こして,棒が曲がったり激しく震えたりするとされる。探そうとする物が埋まっている場所の地図の上に棒をかざすだけで探索できると主張するダウザーもいる。なお,ダウジングに用いられる棒は占い棒と呼ばれることがあるが,ダウザーは占いをダウジングの一環とは考えていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ダウジングの関連キーワードみつまJAPAN'叶レオナ針金

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダウジングの関連情報