コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダブ ダブdub

翻訳|dub

5件 の用語解説(ダブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダブ
ダブ
dub

ジャマイカのレゲエの録音で,歌の入った本来の曲の器楽の部分だけを用い,楽器のバランスを変えたり,エコーをかけたり,他の曲や歌詞をかぶせたりして,新たなバージョンを作ること。スタジオで手軽にできるバージョン作りであるため,その後,ポピュラー音楽のさまざまなジャンルで用いられるようになった手法である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ダブ(dove)

ハト目ハト科の鳥の総称。特に小形の種類をいい、平和の象徴とされる白いハトもこれに含まれる。
[補説]大形種はpigeon(ピジョン)という。

ダブ(dub)

ジャマイカ発祥の音楽の手法。既成の楽曲の特定の音やリズムを強調したりエコーをかけたりして、独特の効果を生み出すこと。また、その音楽ジャンル。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダブ
だぶ
dub

1960年代に発生し、70年代に世界的に流行したジャマイカポップミュージック、レゲエで用いられるサウンド・イコライジング(特定の周波数を強調または低減させること)の手法、あるいはそのような手法を用いたサウンドを指す。演奏を録音したマスターテープの各トラックに、極端なエコーやディレイやまびこのように元音に対して繰り返し再生音を出力する効果)をかけ、浮遊感のある特徴的なサウンド効果を伴う音像を構成する。特にベースやバス・ドラムといった低音部が強調された特異な音空間を持つことが多い。レゲエ誕生前夜のロックステディ(レゲエの先駆者アルトン・エリスAlton Ellis(1944― )の曲「ゲット・テディー・トゥー・ロック・ステディ」にちなんで呼ばれる。ジャマイカのポップ・シーンにおいて初期のスカに代わって登場した)のシングル盤のB面に、音量レベルの調整用として収められたことが起源で、その後キング・タビーKing Tubby(1947― )やリー・ペリーLee Perry(1936― )といったダブ・ミキサーたちが、ドラムのスネアやハイハットといった高音部とベースなど低音部とのコントラストを独特の形で強調した実験的なミックスを行い、それはダブ・プレートと呼ばれるアセテート製の試験プレス版のレコードとなって、サウンド・システム(レコードを野外で大音量で流すために組まれたスピーカーアンプ、ターンテーブルなどのステレオ装置一式)によって聴衆に披露された。
 70年代後半になると、英米ロックの主流にもダブの影響は広がり、特にパンク・ロック以降に多様化したイギリスのニュー・ウェーブ・シーンにダブの影響を強く受けたグループが多数登場した。とりわけ、イングランド南西部の都市ブリストルからは、ポップ・グループ、マッシブ・アタックといったグループが出現し、ダブをポップ・ミュージックの基本的なサウンド制作手法として広めることとなった。[増田 聡]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダブの関連情報