すか(読み)スカ

デジタル大辞泉の解説

すか

物事が予期どおりにならないこと。あてはずれ。「今度のイベントは結局すかだった」
くじなどの、はずれ。
[補説]語源については、「すかたん」の略、「透かす」または「賺す」の語幹からなどの説がある。

す‐か

《「州処(すか)」の意という》川岸・海岸の砂地や砂丘。
「東国の俗語に沙(すな)の集まりて小高きをば、―といふなり」〈仮・東海道名所記・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

す‐か

〘名〙 (「州処(すか)」か) 川や海の水などで堆積(たいせき)した砂地。河海にのぞむ砂地や砂丘。
※仮名草子・東海道名所記(1659‐61頃)三「東国の俗語に、沙の集まりて小高きをば、須賀(スカ)といふなり」

すか

〘名〙
① 期待が裏切られること。あてはずれ。むだ。
※洒落本・十界和尚話(1798)一「イアモどこへいてもすか斗りじゃ」
② うそをつくこと。でたらめ。また、見当はずれ。とんちんかん。
※洒落本・北華通情(1794)「ぜんたいの、ここが とむねをおしへて すかじゃによって」
③ くじなどのはずれ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報