フィリッポス

精選版 日本国語大辞典「フィリッポス」の解説

フィリッポス

(Philippos) 二世。マケドニア王(在位前三五九‐前三三六)。アレクサンドロスの父。常備軍の設置、金山の獲得などを行ない、また神聖戦争に介入してデルフォイの宗教同盟の実権を握る。反マケドニア勢力を撃退、ギリシア諸都市連合との間に対ペルシア軍事同盟を結んで、その軍事最高司令官となり、帝国の基礎を築いた。(前三八二‐前三三六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のフィリッポスの言及

【ギリシア詞華集】より

… 《パラティナ詞華集》はビザンティン時代ににわかに成立したものではなく,実は前1世紀以来,数次にわたるエレゲイア詩集編纂の成果を踏まえていることが,内容分析から明らかとなっている。前70年ころのメレアグロスMeleagros編の《冠》,前40年ころのフィリッポスPhilipposが〈ヘリコンの花を摘み編んだ〉という,やはり同名の《冠》詩集,後6世紀中葉アガティアスAgathiasがコンスタンティノープルで集成した《環》と題するエピグラム集,そしてさらに9世紀コンスタンティノス・ケファラスKōnstantinos Kephalasによって再編集された大詞華集が生まれ,これが《パラティナ詞華集》の祖本となったのである。詞華集に収められた古典期,ヘレニズム期の大詩人たちのエピグラムは,ルネサンス期以降の西欧の詩人たちの範と仰がれ,甚大な影響を及ぼしている。…

※「フィリッポス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報