フィリッポス(英語表記)Philippos

大辞林 第三版の解説

フィリッポス【Philippos】

(二世)(前382頃~前336) マケドニア王(在位 前359~前336)。アレクサンドロス大王の父。紀元前338年カイロネイアの戦いでアテネ・テーベ連合軍を破り、全ギリシャを制覇した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

フィリッポス

(Philippos) 二世。マケドニア王(在位前三五九‐前三三六)。アレクサンドロスの父。常備軍の設置、金山の獲得などを行ない、また神聖戦争に介入してデルフォイの宗教同盟の実権を握る。反マケドニア勢力を撃退、ギリシア諸都市連合との間に対ペルシア軍事同盟を結んで、その軍事最高司令官となり、帝国の基礎を築いた。(前三八二‐前三三六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のフィリッポスの言及

【ギリシア詞華集】より

… 《パラティナ詞華集》はビザンティン時代ににわかに成立したものではなく,実は前1世紀以来,数次にわたるエレゲイア詩集編纂の成果を踏まえていることが,内容分析から明らかとなっている。前70年ころのメレアグロスMeleagros編の《冠》,前40年ころのフィリッポスPhilipposが〈ヘリコンの花を摘み編んだ〉という,やはり同名の《冠》詩集,後6世紀中葉アガティアスAgathiasがコンスタンティノープルで集成した《環》と題するエピグラム集,そしてさらに9世紀コンスタンティノス・ケファラスKōnstantinos Kephalasによって再編集された大詞華集が生まれ,これが《パラティナ詞華集》の祖本となったのである。詞華集に収められた古典期,ヘレニズム期の大詩人たちのエピグラムは,ルネサンス期以降の西欧の詩人たちの範と仰がれ,甚大な影響を及ぼしている。…

※「フィリッポス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android