ダレイオス

精選版 日本国語大辞典「ダレイオス」の解説

ダレイオス

(Dareios) (一世) 古代ペルシア、アケメネス朝の王(在位前五二二‐前四八六)。ラテン語名ダリウス。帝国を再組織し、交通路を建設、サトラップ(太守)制を布いて中央集権体制を確立。インドに遠征し、全オリエントを支配した。ギリシアと衝突してペルシア戦争をおこしたが、マラトンの戦いで決定的な敗北をこうむった。(前五五〇頃‐前四八六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ダレイオス」の解説

ダレイオス(Dareios)

(1世)[前558ころ~前486]古代ペルシア、アケメネス朝の王。在位、前522~前486。国内の反乱を鎮圧し、インダス川からマケドニアに至る全オリエントを支配。また、財政整備や国道建設を行い、中央集権体制を確立してペルシア帝国の基礎をつくった。ダリウス1世。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)「ダレイオス」の解説

ダレイオス
だれいおす

ダリウス(1世)

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android