コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダントンの死(読み)ダントンのし(英語表記)Dantons Tod

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダントンの死
ダントンのし
Dantons Tod

ドイツの劇作家 G.ビュヒナーの戯曲。4幕物の悲劇。 1835年刊。約 70年後の 1902年にベルリンの自由民衆舞台で初演。ビュヒナー 21歳のときの作。ヘッセンで革命を呼びかけて官憲の追及を受けていた作者が潜伏中に5週間で書上げた悲劇。過激派のロベスピエールと穏健な改革を選ぶダントンとの対立を中心に,フランス革命を描いた作品。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ダントンのし【ダントンの死】

《原題、〈ドイツ〉Dantons Todビュヒナーによる戯曲。4幕の悲劇。亡命資金の捻出を目的として、1835年に執筆。カール=グツコーの編集を経て、雑誌「フェニックス」に掲載された。初演は1902年。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例