コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダントンの死 ダントンのしDantons Tod

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダントンの死
ダントンのし
Dantons Tod

ドイツの劇作家 G.ビュヒナーの戯曲。4幕物の悲劇。 1835年刊。約 70年後の 1902年にベルリンの自由民衆舞台で初演。ビュヒナー 21歳のときの作。ヘッセンで革命を呼びかけて官憲の追及を受けていた作者が潜伏中に5週間で書上げた悲劇。過激派のロベスピエールと穏健な改革を選ぶダントンとの対立を中心に,フランス革命を描いた作品。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ダントンの死の関連キーワードビュヒナー(Karl Georg Büchner)ゴットフリード アイネムビューヒナーアイネムアダモフ

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android