コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェザロッティ チェザロッティCesarotti, Melchiorre

2件 の用語解説(チェザロッティの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェザロッティ
チェザロッティ
Cesarotti, Melchiorre

[生]1730.5.15. パドバ
[没]1808.11.4. セルバッツァーノ
イタリアの詩人,評論家。パドバの神学校で修辞学を講じ (1751~60) ,次いでパドバ大学ギリシア語ヘブライ語を講じた (68以降) 。ギリシア古典をはじめとして多数の外国文学の作品を翻訳したが,特に『イリアス』と『オシアンの詩』の翻訳は有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェザロッティ
ちぇざろってぃ
Melchiorre Cesarotti
(1730―1808)

イタリアの文学者。30代にベネチアでJ・マクファーソンの『オシアンの歌』を知り、イタリア語訳を完成、その出版(1763)が大成功を収め、ロマン主義の気運を促した。フランス革命の穏健な支持者で、ナポレオンの厚遇を受ける。パドバ大学のギリシア・ヘブライ語教授として『イリアス』ほか古典の翻訳など広範な業績を残し、主著『言語哲学論考』(1785)は長い間、言語問題のもっとも重要な著作であった。[古賀弘人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

チェザロッティの関連キーワード江村如圭前古典派音楽働く親と学童保育先物取引徳川宗春(1696~1764)アーミッシュ片山兼山狂言記キングハウス高嵩谷

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone