コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チオテパ チオテパ thio-TEPA

2件 の用語解説(チオテパの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チオテパ
チオテパ
thio-TEPA

テスパミンともいう。制癌剤の一種。癌細胞の毒になるものを与えて制癌効果を期待するもの。テム (TEM) ,テパ (TEPA) に次ぐ改良品。白血病などに用いられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チオテパ
ちおてぱ
thiotepa

悪性腫瘍(しゅよう)薬(制癌(がん)剤)、アルキル化剤。内服では慢性リンパ性および骨髄性白血病に、他剤と併用して悪性リンパ腫、胃癌、肺癌、乳癌などの緩解に使用される。注射では慢性リンパ性および骨髄性白血病、乳癌、卵巣癌、膀胱(ぼうこう)腫瘍、他剤と併用して悪性リンパ腫、細網肉腫、肺癌、胃癌などが適応症とされている。副作用は骨髄機能抑制、好中球・血小板減少、悪心(おしん)、嘔吐(おうと)、食欲不振、頭痛などがみられる。錠剤(2ミリグラム含有)、注射液(0.5ミリリットル中5ミリグラム含有)が市販されている。内服は1日1回4~12ミリグラム、注射は1日1回3~15ミリグラムを静脈注射、筋肉注射、動脈注射で用いる。極量は1日15ミリグラム(経口)、1回15ミリグラム(皮下、筋肉内、動脈内)。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のチオテパの言及

【制癌薬】より

…以下かっこ内は商品名を指す)が生まれた。臨床的によく用いられるものとして,シクロホスファミド(エンドキサン),カルボコン(エスキノン),チオテパ(テスパミン),ニムスチン(ニドラン)などがある。またこのほかに,ブスルファン(マブリン),ピポブロマン(アメデール),インプロスルファン,別名864T(プロテクトン),メルファラン(アルケラン)およびミトブロニトール(ミエブロール)の5種類が臨床に供せられている。…

※「チオテパ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チオテパの関連キーワード制癌剤抗癌剤テスパミン癌細胞チアミン5FUドーパミン神経細胞ドーパミンニューロン神経節膠細胞ドーパミンβ-ヒドロキシラーゼ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone