コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チゴダラ Physiculus japonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チゴダラ
Physiculus japonicus

タラ目チゴダラ科の海水魚。全長 30cm内外。体は細長くて側扁し,尾部は細い。下顎の先端にひげがある。肛門は前位で胸鰭基底下にある。左右の腹鰭基底間の少し後方に発光器がある。体色は一様に淡褐色で,腹部は青紫色。水深 200m内外の砂泥底にすむ。本州中部以南に分布する。肉は練製品の原料となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チゴダラ
ちごだら / 稚児鱈
Japanese hakeling
[学]Physiculus japonicus

硬骨魚綱タラ目チゴダラ科に属する海水魚。北海道から太平洋側では高知県、日本海側では山口県まで、九州・パラオ海嶺(かいれい)、東シナ海、済州島(さいしゅうとう)(韓国)、台湾に分布する。水深75~1000メートルの砂泥底にすむ。体長40センチメートルに達する。体は前方で円筒状、尾部はやや延長側扁(そくへん)する。背びれ2基、臀(しり)びれ1基で、第2背びれと臀びれの基底は後方に延長する。下顎(かがく)の先端に1本の短いひげがある。日本の海域から本属には6種が知られているが、いずれも腹面に丸い黒色の発光器を備えることで特徴づけられる。チゴダラは第1背びれが9~10軟条からなること、吻端(ふんたん)部の無鱗(むりん)域は狭いことなどでエゾイソアイナメに似るが、目が大きく、吻長の3分の2以上あること、生息水深が75メートル以深であることなどで区別できる。深海延縄(はえなわ)や機船底引網で漁獲され、吸い物種、総菜、練り製品にするが、漁獲量は多くない。[岡村 收・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チゴダラの関連キーワードチゴダラ(稚児鱈)キタノクロダライトヒキダライソアイナメウケグチダラカナダダラ蝦夷磯相嘗カラスダラ糸引鱈磯鮎並磯相嘗稚児鱈

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android