コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チゴダラ チゴダラPhysiculus japonicus

2件 の用語解説(チゴダラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チゴダラ
チゴダラ
Physiculus japonicus

タラ目チゴダラ科の海水魚。全長 30cm内外。体は細長くて側扁し,尾部は細い。下顎の先端にひげがある。肛門は前位で胸鰭基底下にある。左右の腹鰭基底間の少し後方に発光器がある。体色は一様に淡褐色で,腹部は青紫色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チゴダラ
ちごだら / 稚児鱈
Japanese hakeling
[学]Physiculus japonicus

硬骨魚綱タラ目チゴダラ科に属する海水魚。北海道から太平洋側では高知県、日本海側では山口県まで、九州・パラオ海嶺(かいれい)、東シナ海、済州島(さいしゅうとう)(韓国)、台湾に分布する。水深75~1000メートルの砂泥底にすむ。体長40センチメートルに達する。体は前方で円筒状、尾部はやや延長側扁(そくへん)する。背びれ2基、臀(しり)びれ1基で、第2背びれと臀びれの基底は後方に延長する。下顎(かがく)の先端に1本の短いひげがある。日本の海域から本属には6種が知られているが、いずれも腹面に丸い黒色の発光器を備えることで特徴づけられる。チゴダラは第1背びれが9~10軟条からなること、吻端(ふんたん)部の無鱗(むりん)域は狭いことなどでエゾイソアイナメに似るが、目が大きく、吻長の3分の2以上あること、生息水深が75メートル以深であることなどで区別できる。深海延縄(はえなわ)や機船底引網で漁獲され、吸い物種、総菜、練り製品にするが、漁獲量は多くない。[岡村 收・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

チゴダラの関連キーワード生活形バルサ火の竜オイルフェンスザミア雑巾シリコン・プロセス技術継体(けいたい)天皇陵カーリングレーザーディスク

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チゴダラの関連情報