コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チチコグサ

百科事典マイペディアの解説

チチコグサ

ハハコグサ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チチコグサ
ちちこぐさ / 父子草
[学]Gnaphalium japonicum Thunb.

キク科の多年草。根際から根茎を出して殖える。根出葉は線形で、上面は緑色であるが、下面は綿毛が密生して白色となる。5~10月、高さ20~30センチメートルの花茎の頂端に約10個の頭花が密集してつく。小花には2型あって、中央のものは管状で両性花、周辺のものは糸状で雌性花である。総包は鐘形で長さ5ミリメートル、総包片は暗褐赤色を帯びる。痩果(そうか)は長さ1ミリメートルと小さく、冠毛は白色で長さ3ミリメートル。平地の人家近くの道端や野原に生え、日本全土、東アジアに広く分布する。名は、全体がハハコグサに似るが、葉の上面が無毛でやや堅い感じを与えるところから、母に対する父を連想してつけられた。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のチチコグサの言及

【ハハコグサ(母子草)】より

…花期が9~11月であるところから,和名がつけられた。チチコグサG.japonicum Thunb.(イラスト)も山野や家の近くに普通な多年草である。総苞は鐘形で長さ5mm,総苞片は3列で暗褐赤色を帯びる。…

※「チチコグサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報