コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

母子草 ハハコグサ

デジタル大辞泉の解説

ははこ‐ぐさ【母子草】

キク科の越年草。道端などに生え、高さ20~30センチ。全体に白い毛がある。葉は先が丸みを帯びたへら状で、互生。4~6月、黄色い小花を多数つける。若い苗は食用。春の七草の一で、御形(ごぎょう)とよばれる。こうじばな。ほうこぐさ。 春》「百歩にて返す散歩や―/秋桜子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

母子草

1942年公開の日本映画。監督・脚本:田坂具隆、脚本:小糸のぶ、撮影:伊佐山三郎。出演:風見章子小沢栄太郎小杉勇、瀧花久子、葉山正雄ほか。

母子草

TBS系列放映による日本の昼帯ドラマ。花王愛の劇場。1979年3~5月放映(全50回)。出演:長内美那子、香野百合子、中野誠也ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ははこぐさ【母子草】

キク科の越年草。山野に生え、全体に白綿毛がある。高さ15~40センチメートル。葉は互生し、へら形。四月ごろ、茎頂に黄色の頭状花がかたまってつく。春の七草の一つで、「ごぎょう(おぎょう)」ともいう。若い葉や茎は食べられる。名の由来は未詳。似た種類にチチコグサがある。ホオコグサ。 [季] 春。

ほうこぐさ【母子草】

ハハコグサの別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

母子草 (ハハコグサ・ハワコグサ;ホウコグサ)

学名:Gnaphalium affine
植物。キク科の越年草,薬用植物

母子草 (ハハコグサ)

植物。ユリ科の多年草,薬用植物。アミガサユリの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

母子草の関連キーワードチチコグサ(父子草)ハハコグサチチコグサ小糸 のぶ絵菱屋忠七山村 聡湯沢紀保相沢扇子頭状花摘み草母子乳草

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android