コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チチブ

2件 の用語解説(チチブの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

チチブ

 ハゼ科の淡水魚

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チチブ
ちちぶ / 知々武
dusky tripletooth goby
[学]Tridentiger obscrus

硬骨魚綱スズキ目ハゼ科に属する魚。北海道から九州までの日本各地および朝鮮半島に分布。関東地方東海地方ではダボハゼとよぶ所がある。河口の汽水域に多く、中・下流の淡水域にもすむ。単独で底生生活を送る。日本では普通にみられるハゼの一種で、全長12センチメートルに達する。体は黒く、雄の第1背びれの鰭条(きじょう)は糸状に伸びる。底生の小動物を食べる。4~9月に水底の石その他の固形物の平たい面、とくに下面に卵群を産み付け、雄の親魚がそれを守る習性がある。仔魚(しぎょ)は孵化(ふか)後約1か月間浮遊生活を送り、全長1センチメートルほどの稚魚に成長して底生生活へ入る。寿命は3年に及ぶ。淡水域からは、近似種のヌマチチブT. brevispinisが知られている。[道津喜衛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チチブの関連キーワードフナハゼ泥目真鯊葦登顎沙魚浮吾里エソックス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チチブの関連情報