コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チミリャーゼフ

百科事典マイペディアの解説

チミリャーゼフ

ロシアの植物生理学者。ペテルブルグ大学卒。モスクワ大学教授。光合成と光の波長との関係を研究。国際的な名声を得てケンブリッジ大学をはじめ多くの大学の名誉博士号を贈られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チミリャーゼフ【Kliment Arkad’evich Timiryazev】

1843‐1920
ロシアの植物学者。ペテルブルグ大学(現,サンクト・ペテルブルグ大学)の学生時代にダーウィンの進化論の影響をうけ,のち植物生理学を専門とし,モスクワ大学教授。炭酸同化における太陽光エネルギーの役割を研究,光エネルギーは緑葉によって吸収されて化学エネルギーに変わり植物体内に保存されるとするJ.R.vonマイヤーらの理論に実験的基礎を与えた。ソビエト・ダーウィニズムの創始者とされている。【佐藤 七郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

367日誕生日大事典の解説

チミリャーゼフ

生年月日:1843年6月3日
ロシアの植物生理学者
1920年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内のチミリャーゼフの言及

【農学】より

…光合成の研究に対して遺伝・育種分野で見落とすことのできない研究成果は,イギリス人C.ダーウィン(1809‐82)の諸業績,とくに《種の起原》《飼養動植物の変異》やオーストリア人G.J.メンデル(1822‐84)のエンドウを材料とした〈植物雑種の研究〉である。
[ソ連]
 ソ連における現代農学創出にあたってまずあげるべきは,ダーウィンとならび称され,とくに植物生理の分野で業績をあげたK.A.チミリャーゼフ(1843‐1920)である。また日本では植物水分生理学を開拓した基礎的・理論的学者として知られるマクシーモフN.A.Maksimov(1880‐1952)や,日本では生化学者で生命の起源の研究創始者として知られるA.I.オパーリン(1894‐1980)も農学者,農芸化学者である。…

※「チミリャーゼフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チミリャーゼフの関連キーワードアレクサンダー チャヤーノフオルガ・B. レペシンスカヤジョレス メドヴェージェフチャヤーノフオパーリン生年月日

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android