コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チムール帝国 チムールテイコク

デジタル大辞泉の解説

チムール‐ていこく【チムール帝国】

14世紀から16世紀に、中央アジアから西アジアにまたがって栄えた大帝国。1369年、西チャガタイ‐ハン国を滅ぼしたチムールが、周辺の諸国を併合して建国。首都のサマルカンドを中心にイスラム文明が栄えたが、内乱と外国軍の侵入が続いて1507年に滅亡。のちにムガル帝国を創建したバーブルは、チムールの王族の一人。ティムール帝国。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

チムールていこく【チムール帝国】

中央アジアのイスラム王朝(1370~1507)。チムールが建国。一五世紀前半が最盛期で、首都のサマルカンドを中心にイスラム文化が栄えた。のち、内紛と分裂で衰え、ウズベク族に滅ぼされた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

チムール帝国の関連キーワードドルッティロバット建築群ドルッサオダット建築群ウルグベク天文台跡ウルグベグメドレセシャーヒジンダ廟群アクサライ宮殿跡ビビハニムモスクグリアミール廟シャフリサブスギジュドゥバンイスラム文化ティクリートチムール広場タシケントウルグベクウズベク族ウルグベグシャールフアレッポ城ヘラート