チムール帝国(読み)チムールていこく

精選版 日本国語大辞典「チムール帝国」の解説

チムール‐ていこく【チムール帝国】

チムールを創始者とする中央アジアの帝国(一三七〇‐一五〇七)。首都のサマルカンドは東西貿易の要衝として繁栄、壮麗な建築物や道路が建設され、すぐれた学者や芸術家が輩出して、イラン的イスラム文化が発展した。王族間の政権争奪や外民族の侵入による内乱と外寇を繰り返し、約一〇代一四〇年で崩壊。のち、王族の一人バーブルがアフガニスタンに亡命、後にムガール朝を創建した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「チムール帝国」の解説

チムール‐ていこく【チムール帝国】

14世紀から16世紀に、中央アジアから西アジアにまたがって栄えた大帝国。1369年、西チャガタイ‐ハン国を滅ぼしたチムールが、周辺の諸国を併合して建国。首都のサマルカンドを中心にイスラム文明が栄えたが、内乱と外国軍の侵入が続いて1507年に滅亡。のちにムガル帝国を創建したバーブルは、チムールの王族の一人。ティムール帝国。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android