コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャバネゴキブリ チャバネゴキブリBlattella germanica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャバネゴキブリ
Blattella germanica

ゴキブリ目チャバネゴキブリ科。世界共通の室内害虫として知られる小型のゴキブリ。体長 11~12mm。体,前翅とも薄茶色。前胸背に2本の黒い縦筋が向き合うように並ぶが,後端で相接することはない。前翅は体長とほとんど同長。雌は卵鞘を腹端に1ヵ月近くつけて歩きまわり,卵鞘が離れ落ちると同時に 40~50匹の幼虫が一斉に孵化する。6回の脱皮で成虫になり,成虫は 100日ほど生きる。一般家庭の台所よりも,むしろ飲食店,食堂の調理場,ビル,暖房完備のアパート,また新幹線の車両内などによくみられ,野外にはすまない。原産地はアジア東部とされる。 (→ゴキブリ類 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チャバネゴキブリ【Blattella germanica】

ゴキブリ目チャバネゴキブリ科の昆虫イラスト)。淡褐色,小型のゴキブリで,成虫はは体長12mm,雌は11mm。雄の前翅長は10mm,雄は11mm。前胸背面の1対の黒紋は〈ハ〉の字状に並んでいるが,その後端で著しく接近することはない(日本の野生種である近似モリチャバネゴキブリでは後方で接近する)。世界の温帯の家屋内害虫となって定着し,今日では原産地を確実には推定できない。ただし低温にはきわめて弱いのでおそらく世界の暖帯由来の種であろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャバネゴキブリ
ちゃばねごきぶり / 茶翅蜚
[学]Blattella germanica

昆虫綱ゴキブリ目チャバネゴキブリ科に属する昆虫。世界共通の屋内害虫として著名な中形のゴキブリ。全身が薄茶色で、前胸背板に太い八の字状の黒い紋のある種。体長11ミリメートル内外、前翅(ぜんし)長10ミリメートル内外。雑食性で家住性。飲食店に多く、食堂を抱えたビルや病院などにもよくみられる。原産地は不明。近縁種に、東京地方から九州までの太平洋岸沿いの平地雑木林にすむモリチャバネゴキブリB. nipponicaがあるが、この種は野外生息種で室内には入らない。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のチャバネゴキブリの言及

【コガネムシ(黄金虫∥金亀子)】より

…しかし,このコガネムシはゴキブリの説がある。雨情の故郷北関東にはチャバネゴキブリが分布し,方言でこの虫をコガネムシと呼ぶからである。方言の由来はチャバネゴキブリの色彩と生態が考えられる。…

【ゴキブリ】より

…野生種は草木上(熱帯種各種),樹皮下(多くの種類),落葉下,地表,地物の下,朽木中(オオゴキブリ類),水中(マダラゴキブリの幼虫)などに生活する。3500種のうち約1%のものが人類の生活と接触を保って住家性の害虫となり,とくにそのうちチャバネゴキブリ(イラスト),ワモンゴキブリ(イラスト),コワモンゴキブリ,クロゴキブリ(イラスト),トウヨウゴキブリなどは,自然の原産地が今日不明となってしまった。日本には南西部を主として約50種類のゴキブリが知られるに至ったが,そのうち住宅内に侵入したのはヤマトゴキブリ(イラスト),キョウトゴキブリなどが土着のもので,チャバネゴキブリ,クロゴキブリ,ワモンゴキブリ,コワモンゴキブリ,トビイロゴキブリ,イエゴキブリ,オガサワラゴキブリ,ハイイロゴキブリ,チャオビゴキブリ,パナマゴキブリなどは外国から入った害虫と認められる。…

※「チャバネゴキブリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チャバネゴキブリの関連キーワード茶翅蜚蠊絹糸腺蜚蠊臭腺

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チャバネゴキブリの関連情報