チャム語(読み)ちゃむご

日本大百科全書(ニッポニカ)「チャム語」の解説

チャム語
ちゃむご

ベトナム南部のカムラン湾付近およびカンボジアプノンペン、コンポン・チャム付近に分布する民族集団チャム人の言語。使用人口は不明だが、数万人と推定される。インドネシア語系というのが通説であるが、モン・クメール語族系の語彙(ごい)も多く使用している。ベトナムのチャム語はインド系の文字を使用、カンボジアのチャム人はイスラム化したためアラビア文字を使用している。

[坂本恭章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「チャム語」の解説

チャム語
チャムご
Cham language

ベトナムのファンティエットやカンボジアのコンポンチャム付近に話されている言語。かつてのチャンパ王国を建てた民族の後裔の言語とされる。言語的にマレー語に近いオーストロネシア語族インドネシア語派に属するとみる説と,これとは別系統のオーストロアジア語族系の言語にマレー語の要素が上層としてあとから加わってできた一種の混合語とみる説とがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「チャム語」の解説

チャム語【チャムご】

チャム人の言語。モン・クメール系とする説と,アウストロネシア系(アウストロネシア語族)とする説とがある。ベトナムでは南インド系の文字,カンボジアではアラビア文字を使用。孤立語。8世紀ころからの碑文資料がある。話し手の数は約11万人。
→関連項目アウストロアジア語族

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「チャム語」の解説

チャム‐ご【チャム語】

〘名〙 (チャムはCham) マライ‐ポリネシア語族インドネシア語派に属する言語。一一世紀から一七世紀まで、インドシナ半島でチャンパ王国をつくったチャム族の言語。カンボジア、ベトナムに分布する少数民族の言語とともにチャム諸語を形成する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のチャム語の言及

【インドネシア語派】より

…ミクロネシア諸語のうちチャモロ語Chamorro(サイパン島,グアム島)とパラウ語Palauan(パラウ島)はこの語派に属する。また,ベトナムやカンボジアのチャム語Chamやラデー語Radeなどは,アウストロアジア語族の影響を受けてはいるが,やはりアウストロネシア語族のうちのこの語派に属する。これらインドネシア語派諸語のうち,東インドネシア諸島の諸言語は他とかなり特徴が異なるようであるが,それ以外の言語は北方語群(台湾(高山族諸語)ィリピン(タガログ語など),スラウェシ北部,ボルネオ北部)と西方語群(マレー半島,スマトラ,ジャワ,マドゥラ語の用いられるマドゥラ島,ボルネオ南部,マダガスカルなど)の二つに分類し得る。…

※「チャム語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android