コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャルカー charkhā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャルカー
charkhā

ヒンディー語で手紡ぎ車のこと。インド独立運動に際して,M.ガンジーがこれを手にして,外国製の布,外国風の衣服を排斥し,手紡ぎ,手織りにいそしむように説いた。これはインド的なものの再発見であり,民衆のなかの民族意識に訴えるものであった。なおこれは,インド国民会議派の旗印になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チャルカー【charkhā】

綿花,羊毛,まゆなどから糸を紡ぐのに使う手動の器械で,古くインド農村手工業において重要な役割を果たす。イギリスによる植民地化過程で農村手工業は壊滅し,手紡ぎ車も放棄されたが,1920年代の民族運動の中でガンディースワデーシー運動の一環として,農村経済自立を目指すチャルカーによる手紡ぎ綿糸とカーディー(手織綿布)の生産奨励に乗り出した。これによりチャルカーは蘇生し,以来国民会議派の運動の象徴とさえなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のチャルカーの言及

【綿織物】より

…1905年に始まったスワデーシー運動はイギリス製品のボイコットを行い,工場制綿布の生産を促した。第1次大戦後には30番手以上の細糸(競争番手)生産が増加し,イギリス綿糸布の輸入代替が進行するとともに,M.K.ガンディーが奨励したチャルカー(手紡車)とカーディー(厚地手織綿布)はインド民族運動の象徴ともなった。この期にはまた工場制綿布の生産高が手織綿布の生産高を上まわり,両者の合計が輸入綿布量を越えた。…

※「チャルカー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チャルカーの関連キーワードヒンディー語綿花

チャルカーの関連情報