コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンドス卿の手紙 チャンドスきょうのてがみ Brief des Lord Chandos

2件 の用語解説(チャンドス卿の手紙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャンドス卿の手紙
チャンドスきょうのてがみ
Brief des Lord Chandos

オーストリアの詩人,劇作家ホーフマンスタールエッセー。 1902年発表。架空の人物チャンドス卿から F.ベーコンにあてた手紙に仮託して,かつては一つの統一体と感じられていた全存在が,突然断片的にしかとらえられなくなり,霊感が生じても表現する言葉を失った不毛の心的状況を述べた作品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

チャンドスきょうのてがみ【チャンドス卿の手紙 Ein Brief des Philipp Lord Chandos an Francis Bacon】

オーストリアのホフマンスタールが1902年に発表した,架空の書簡体散文。17世紀イギリスの文人貴族フィリップ・チャンドス卿が友人にあてて,文学活動を断念するにいたった経緯を書き綴るという体裁をとっている。かつては美しい言葉の織物を苦もなく織り出すことができたチャンドス卿が,いつとなく失語症的な状態に陥り,作品を書くどころか,つじつまの合ったまとまりのある言葉遣いすらできなくなる。言葉は〈腐った茸のように口の中で粉々になる〉。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チャンドス卿の手紙の関連キーワードオーストリア併合ホフマンスタールウエルドニヒホフマン病オーストリーETAホフマンアラベラオーストリアン・バロック・カンパニーナクソス島のアリアドネホフマンの舟歌ベーア・ホーフマン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チャンドス卿の手紙の関連情報