チャンバラ(読み)ちゃんばら

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャンチャンバラバラの略。白刃を持って斬(き)り合うことの俗称で、演劇、映画、テレビなどの用語として使われている。1917年(大正6)に新国劇を旗揚げした沢田正二郎が従来にない迫真的な殺陣(たて)を考案して人気を集め、これがチャンバラ劇すなわち剣劇の流行を招き、昭和期には女剣劇も生まれた。その影響は映画にも及び、阪東妻三郎(ばんどうつまさぶろう)、大河内(おおこうち)伝次郎など多くの剣劇(時代劇)スターが輩出した。

[向井爽也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のチャンバラの言及

【剣劇】より

…大衆演劇の一種類。互いに剣をふるって斬り合うことは古くから歌舞伎でも行われて,タテつまり立回りと呼ばれる独自の演出形式を生んでいるが,それを写実的な急テンポにしてタテの主目的である様式美よりも迫真的な刺激を与えようとしたのが剣劇である。俗に〈ちゃんばら〉ともいわれた。1918年(大正7)ころ〈新国劇〉の創始者沢田正二郎が新しい国民大衆劇樹立を意図して進んでいるうちに,《月形半平太》《国定忠治》などの剣闘場面で写実的な緊迫感のある立回りの手を案出し,それが大阪の大衆に迎えられて新国劇の躍進はめざましくなるとともに,剣をふるう人物を主役にした脚本が相次いであらわれて〈剣劇〉の名がつけられた。…

【日本映画】より


【蒲田調と日活調】
 〈活動写真〉が〈映画〉へと変わった1920年代において,日本映画は三つの大きな渦を中心に動いていった。一つは時代劇で,迫真的なチャンバラで観客を魅了するとともに,映画としての表現を多様かつ高度に繰り広げた。あと二つは,〈蒲田調〉と呼ばれる作風の松竹映画と,これに対して〈日活調〉と呼ぶことのできる日活映画であり,ともに現代劇が中心になっている。…

【阪東妻三郎】より

…映画俳優。〈阪妻〉の呼名で親しまれ,豪快な立回りを見せたチャンバラ時代劇の大スターであるのみならず,スクリーンでも実生活でもその人間的な大きさで知られ,なかば伝説化されている名優。本名田村伝吉。…

※「チャンバラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チャンバラの関連情報